HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス 血液ガス分析装置「ラピッドラボ 348EX」を新発売

[ 2012/04/19 ]
siema.JPG
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社は、ガスボンベ内蔵のコンパクトな血液ガス分析装置「ラピッドラボ348EX」(届出番号:13B1X10041000028)を発売した。血液中の血液ガス、電解質だけでなく、透析液の電解質も測定可能。メーカ希望価格は750万円(税別)、3年で約600台の販売を予定している。

「ラピッドラボ 348EX」は、1996年発売以来現在まで、日本国内で4,000台以上設置された「ラピッドラボ 348」(届出番号:13B1X10041000014)の後継機種。本製品は、従来品の特長である、ガスボンベ内蔵による小型、静音設計、透析モードでの透析液の電解質測定、血液と試薬経路の最適で無駄のないデザインによる簡易メンテナンスはそのままに、さらに毎日のオペレーションやワークフローを効率化するカラータッチスクリーンやバーコードリーダーなどを標準装備。「ラピッドラボ 348EX」は、臨床診断に求められる信頼性の高い分析結果を、簡単な操作で必要なときにすぐに報告が可能な、中小規模検査室向けの血液ガス分析装置である。

すでに透析医療施設で使用されている「ラピッドラボ 348」の透析モードは、透析カードを使用して通常モードからの切り替えを行なっていたが、「ラピッドラボ 348EX」では、スクリーンのアイコンをタッチ するだけでモード切り替えが可能となり、さらに使いやすくなった。正確な濃度管理が求められる透析液の電解質測定を、血液ガス分析装置ならではの簡単操作で、約60秒で結果報告する。

同製品のように患者近くで行われる検査はポイント・オブ・ケア(POC)検査とよばれ、医師が検査結果を即座に判断し、迅速な処置や治療の過程、予後のモニタリングまでを的確に行うことができるため、医療の質、患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に大きく役立つとして注目されている。同社は、血液ガス分析、尿検査、糖尿病検査などの幅広いPOC検査製品とソリューションを提供することで、患者様のQOL向上に貢献するとしている。

「ラピッドラボ348EX」の特長

・省スペース化
 -ガスボンベ内蔵によるコンパクトボディ、場所を選ばず設置可能

・ワークフローの効率化
 -カラータッチスクリーン採用
 -バーコードスキャナー標準装備
 -USBポート搭載
 -較正ガスは取付・交換が簡単なガスカートリッジを採用

・検査効率の向上
 -最適で無駄のない血液と試薬の経路による簡単なメンテナンス
 -患者様にやさしいわずか50μLの最小検体量
 -オプションのデータマネジメントシステム「ラピッドコムデータマネジメントシステム」*に対応し、院内の複数の血液ガス分析装置を遠隔から一元管理可能

・信頼の透析モード
 -透析液の電解質を約60秒で報告
 -無酢酸透析液にも対応
 -タッチパネルから簡単に透析モードへの切り替え可能

*ラピッドコムデータマネジメントシステム:手術室、ICU、中央検査室、透析室、病棟など複数に点在している血液ガス分析装置をネットワークにて一元管理することができるシステム。接続機器のモニターやコントロール、トラブル管理、試薬残量管理などの遠隔操作が可能で、接続機器の制度管理データ、ログデータなどの一括管理、保存も可能。LIS/HISへの接続がシンプルになるため、管理コストの削減にも貢献する。

【お問い合わせ】
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
マーケティング部 マーケティングコミュニケーション
北條 直子
電話:03-5423-6943
Eメール: naoko.hojo@siemens.com
お客様支援センター
TEL: 0120-543-455 (平日9:00~18:30/土・日・祝日休)