HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ X線アンギオグラフィシステムにおける新たな線量低減機能「スポット透視機能」を製品化

[ 2012/03/16 ]
toshibaspot.JPG
図1 スポット透視の例
東芝メディカルシステムズ株式会社は、X線アンギオグラフィを用いたカテーテル治療による被ばくのさらなる低減のために、積極的な線量低減技術として関心領域にのみX線を照射する「スポット透視機能」を開発し、X線アンギオグラフィシステムへの搭載を開始する。

同社は、これまでに軟線除去フィルタやグリッド制御を用いたパルス透視、低レートパルス透視など様々な線量低減機能を製品化してきた。なかでも画像処理コンセプトPureBrain™では、インターベンション(注3)におけるガイドワイヤー操作時など、術者の快適な検査環境はそのままに、従来装置の撮影画像に匹敵する透視画像を提供でき、検査中の撮影を透視で置き換えることによる線量低減を実現してきた。 今回開発した「スポット透視機能」では、透視におけるX線照射面積を減らすことによりさらなる線量低減を実現する。

スポット透視機能はINFX-8000Vの12インチ×12インチ平面検出器搭載モデルからリリースし、Infinix Celeve™-iシリーズに順次拡大。本日から福岡で開催される第76回日本循環器学会学術集会の併設展示及び学会共催ランチョンセミナーで発表する。

開発の背景

インターベンション施行中はデバイスを治療関心部位に到達させるが、デバイスが安定した状態での透視では、術者はデバイス近傍の情報を元に治療を進めている。このとき、デバイス近傍以外のX線照射エリアは、治療手技に関わらない画像を表示していることになる。これまでは、それら不要なエリアにはX線絞りを挿入し、照射野を狭めることで不要な被ばくを抑えてきたが、このX線絞りを用いることには、下記に挙げるいくつかの問題があった:

①X線絞りは上下・左右対称にしか絞れず、関心領域を画像中心にしなければ、有効に絞れない。
②X線自動輝度制御の計算領域にX線絞りが入ると、装置はX線不足と感知し照射線量が増加してしまうことがある。
③X線絞りをかけた領域はX線遮蔽されるため画像が黒く表示され、X線照射野以外の様子がつかみにくい。

これらの問題を解決し、快適な検査環境を維持しながら、さらなる線量低減を実現させるスポット透視機能を開発し、X線アンギオグラフィシステムへ搭載した。
スポット透視機能の特長

「スポット透視機能」では透視モニタ上でX線照射したい関心領域を指定し、その領域のみにX線照射されるようX線絞りが設定される。関心領域は画面中心でなくてもよく、X線照射においてはどのように絞られていても適切なX線自動輝度制御を行うことで、絞り込みによるX線照射量の増加を防ぐことができる。また絞りのかけられた領域には直前の全面透視の静止画像を表示し、画面全体の様子を想像できる(図1)。被験者に照射される面積線量が抑えられるだけではなく、全面の1/4の面積にしたスポット透視では術者の被ばくとなる散乱線の線量を約50%(注2)にすることが可能となる(図2)。
toshibafig2.JPG
30cm(縦)×30cm(横)×20cm(高)のアクリルに図示した方向からX線(または透視)を照射。散乱線はX線照射中心から50cm離れ、床面から150cmの点での測定値とした。

注1:照射した面積線量、同社比
注2:術者位置での散乱線線量、同社比
注3:インターベンション:X線透視下でバルーンカテーテルやステント(閉塞した血管や細くなった血管を管腔内部から広げる医療機器で、多くの場合、金属でできた網目筒状の管)などを利用して、血管に生じた狭窄部の拡張、動脈瘤の塞栓等を外科手術を行わずに治療する方法

販売名 :X線循環器診断システム Infinix Celeve™-i INFX-8000V

製造販売認証番号:218ACBZX00001000

【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ株式会社
広報室  TEL: 0287-26-5100