HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン戦略・新製品発表会が開催される(速報)

[ 2012/03/30 ]
3月30日、赤坂パークビルにおいて、GEヘルスケア・ジャパン株式会社の成長戦略・新製品発表会が開催された。

P3300639.JPG P3300648.JPG P3300658.JPG P3300673.JPG
写真は左より同社代表取締役社長兼CEO・川上潤氏、同社CT Sales&Marketing部 久保敬子氏、同社X-Ray Sales&Marketing部マネージャー 植田智子氏、同社ヘルスケアIT本部Solution Sales部マネージャー 松葉香子氏


冒頭壇上に立った同社代表取締役社長兼CEOの川上潤氏は、政治経済が不透明ななか、昨年後半より市場は回復基調にあると強調。診療報酬改定もよい方向にあり、震災復興プロジェクトが本格化してきている。加えて今年は日本での創立30周年を迎える記念の年となることもあり、「飛躍が期待できる環境にある」と述べた。

成長の青写真として川上氏は、ヘルスケア・カンパニーとして超高齢化社会における医療のあり方を変え、整形やアルツハイマーといった疾患別のソリューションの充実、「日本から世界へ」として日本の強みを世界標準化した製品や新ビジネスモデルを発信していくこと、さらに東北再生をモデルにした持続可能な医療システムの構築など、あくまで「成長産業」として捉えていくことを宣言した。

つづく新製品発表では、MRIでDiscovery MR750wが紹介された。被写体のさまざまな体格への適応や検査環境の向上を目的とし、欧米では開口径のより広いワイドボアMRIの需要が増えているが、従来の設計思想ではワイドボア化と撮像能力の高性能化を両立することは困難だった。Discovery750wは、大学病院を中心に高いご評価を頂いている「Discovery MR750」のハードウェアをベースに、ワイドボアMR固有に必要とされる新技術を搭載することで、ワイドボア化と高い撮像能力の両立を実現した。

またCTではOptima CT660 FD、BrivoCT385と、いずれも「日本から世界へ」モデルを紹介。さらに血管造影システムでは、より患者の負担を軽減する治療をめざすInnova IGS540、フラットパネル回診車SuperBee、さらにクラウドを利用した医用画像の外部保管サービス「医知の蔵」など、実機や撮影画像などとともに披露された。