HOME > 新着ニュース

新着ニュース

コニカミノルタより 既存のX線発生装置を利用して全脊椎や下肢全域などのDR長尺撮影ができる「AeroDR長尺システム」 新発売

[ 2012/02/21 ]
0221_01_01.jpg
コニカミノルタエムジー株式会社(以下 コニカミノルタ)は、既存のX線発生装置を利用してDRの長尺撮影ができる「AeroDR(エアロディーアール)長尺システム」を2012年2月23日より発売する。

近年、医療情報のIT化が急速に進む中、X線撮影画像をダイレクトに取得出来るDRが普及してきた。これに伴い、全脊椎や下肢全域などの長尺撮影の際にも、撮影した画像をその場で確認できるDR撮影の普及が期待されている。しかし、従来のDR一体型X線発生装置の長尺システムでは、導入コストがかさみ、大病院を中心とした医療機関でしか普及していないのが現状だ。

今回発売する「AeroDR長尺システム」は、既存のX線発生装置を利用してDRの長尺撮影ができる画期的なシステム。DRの長尺撮影では分割撮影した画像をつなぎ合わせて1つの画像にするため、複数枚の撮影が必要である。従来のDR一体型X線発生装置は、X線管球の動きに連動して受像部であるDRが上下に動く仕組みのため、X線発生装置とDRが一体となっていた。「AeroDR長尺システム」では、DRの上下動に連動してスリットが動くことでX線照射範囲を変えるため、既存のX線発生装置を利用することができる。このため、DR一体型X線発生装置に比べて導入コストを大幅に抑えられ、容易に長尺撮影のDR化を実現することができる。

カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR」は、独自に開発した自社生産のヨウ化セシウム(CsI)シンチレータ(蛍光体)使用により、CRに比べ約半分のX線照射量でも高画質の診断画像を得ることができるので、患者の被曝量を低減することができる。また、X線曝射後1秒台でコンソールモニターにプレビュー画像が表示されるので、撮影毎にポジショニングなどが適正であったかを瞬時に確認することができる。 さらに、CRによる長尺撮影に比べ、撮影前準備や撮影後のカセッテ読取作業が不要なため、検査時間の大幅な短縮が可能になり、より多くの医療現場でX線照射量の低減とデジタル画像診断のさらなる効率化に貢献できるものと同社では考えているとのことだ。

【商品名】 AeroDR長尺システム 製造販売届出番号 13B2X90011000069
【標準価格】  6,830,000円(税別)
【発売日】 2012年2月23日
【おもな特長】
・既存のX線発生装置が利用可能
・合計X線照射量はCR※2の約半分
・曝射完了後1秒台でプレビュー画像表示

【お問い合わせ】 コニカミノルタヘルスケア株式会社
TEL: 042-589-1439
http://www.konicaminolta.jp/healthcare/support/index.html