HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シーメンス・ジャパン 世界初の全身統合型MR-PETシステム「Biograph mMR」薬事承認を取得

[ 2012/02/29 ]
siepet.JPG
シーメンス・ジャパン株式会社は2月21日、 MRI(Magnetic ResonanceImaging:磁気共鳴画像)とPET(Positron Emission Tomography:ポジトロン断層法)の画像を同時に撮影できる、世界初の統合型全身MR-PETシステム「Biograph mMR(バイオグラフエムエムアール)」の薬事承認を取得した。

「Biograph mMR」は、おもに脳疾患や心疾患、乳腺疾患などの診断に使われる3テスラMRIと、主にがんの診断に用いられるPETの2つの異なる方式による画像を同時に撮影できるため、より豊富な生体情報の統合を画像診断において実現する。

従来、MRIとPETは別々に撮影されていたため、2回の撮影で身体の位置を完全に一致させることがむずかしく、さらに人体の組織は呼吸や代謝の影響などにより常に変化しているため、両者の画像は時相のずれや位置のずれが発生していた。しかし「Biograph mMR」ではMRIとPETの画像を同時に得ることができるため、両者の画像が完全に一致し、解剖学的情報と機能的情報を重ね合わせて視覚化することが可能になる。これにより、がんや脳疾患などのより正確な診断や、治療方針の決定に大きく貢献できることが期待されている。

MR-PETをひとつのガントリに統合するシステムの技術は、シーメンスが世界で初めて開発に成功したもの。本機構実現のためには、PET検出器への磁場による影響と設置スペースが課題となっていましたが、シーメンスでは小型の半導体検出素子の開発や光ファイバーによる信号伝達技術により、これらの課題を解決し、2010年11月には「Biograph mMR」の1号機がドイツ・ミュンヘン工科大学に導入されている。

シーメンス・ジャパンでは今回の薬事承認を受け、先端医療施設や大学研究機関などへの導入をめざしていく予定。「Biograph mMR」の年間販売台数は20台程度を予定している。 

【お問い合わせ】
シーメンス・ジャパン株式会社
コミュニケーション部
担当:丹野ゆかり
電話:03-5423-8421
FAX: 03-5423-8494
Eメール: yukari.tanno@siemens.com