HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン、70cmワイドボアと高撮像能力を両立した次世代MRI 2機種を発売

[ 2012/02/24 ]
gemr.JPG
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は2月23日、GEヘルスケア製MRI(磁気共鳴断層撮影装置)の最新2機種「Discovery MR750w 3.0T(ディスカバリー・エムアール750ダブリュー・3.0テスラ)」と「Optima MR450w 1.5T(オプティマ・エムアール450ダブリュー・1.5テスラ)」を、大学病院をはじめとする研究機関や大規模総合病院を主対象に発売した。

Discovery MR750w 3.0Tは、2010年4月に発売し既に大学病院を中心に定評のあるDiscovery MR750(ディスカバリー・エムアール750)のハードウェア技術を継承したGEヘルスケア製3T MRIの最上位機種。Optima MR450w 1.5Tは同Discovery MR750のハードウェア技術を1.5T装置に導入しながら、一段と検査環境を高めた装置である。

Discovery MR750w 3.0TとOptima MR450w 1.5Tの最大の特長は、撮影機構部の大口径(ワイドボア)化と撮像能力アップという従来の設計思想ではトレードオフの関係にあった要素を両立させたこと。MRIでは様々な体格の被検者への適応や閉所恐怖症患者の対応など検査環境の改善に向けてボア径の拡大が望まれていたが、ワイドボア化を進めると静磁場均一性や送信電波(RFパルス)均一性などMRIの基本性能が低下してしまうという積年の課題があった。

Discovery MR750w 3.0TとOptima MR450w 1.5Tはともに「Insightful Technology(インサイトフル・テクノロジー)」の名のもとに、70cmワイドボア3T装置ではクラス最高の0.27ppm@40cmDSVの磁場均一性を実現した新設計の静磁場マグネットや、さまざまな体格の被検体に均一なRFパルスを照射するマルチドライブ、さらに高いS/Nの専用設計コイルを患者テーブルに埋め込んだ新開発のRFコイル「GEM」(Geometry Embracing Method)などの採用でこの課題を克服。1.5T以上のGEヘルスケア製MRIでは初となるボア径70cmのワイドボア化と撮像能力アップの両立を実現し、これまでMRI検査が困難であった患者を含め、より多くの被検者に快適な全身領域の高画質撮影を提供する。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
広報 松井亜起
Tel:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com