HOME > 新着ニュース

新着ニュース

バルコ、モバイル型デバイス(iPad)でモニターの精度管理が行えるMedical QA web Mobileを発表

[ 2011/12/28 ]
BALCO.JPG
「現在、モバイル読影アプリケーションへの関心は急激に高まっており、放射線科医の約4分の1、医師の約80%がモバイル型ディバイスを業務で使用しています。そのようなモバイル読影アプリケーション上で、FDA認可の取得を簡単にし、医師にDICOM品質の画像を継続的に提供できるMediCal QAWeb Mobileを開発しました」と診断用ディスプレイシステム、シニア・プロダクトマネージャー ダニー・デルーは説明している。

同ソフトウェアは、わずか8ステップの操作で、迅速なキャリブレーションを行うことができる目視確認テストと、最大20のダイナミック・テストパターンを備えている。キャリブレーションの設定は、遠隔読影時により高い表示精度を提供できるよう、周辺環境の明るさを基に簡単に調整することができる。QA Web Mobileは、アップル社iPad上でモバイル読影アプリケーションと統合され、医療専門家は診断と医用画像の参照を行うことができます。

加えて、バルコのQAWeb Mobile方式は、FDA(米国食品医薬品局)にマスターファイルとして登録されているので、医療機器開発メーカー、システム・インテグレーターは自身のモバイル読影アプリケーション上で、本ソフトウェアを追加ツールとしてFDA510K取得申請をすることができる。これにより、FDA認証取得の手間を省くことができ、その分、より製品開発へ注力することができる。

同ソフトウェアは、初の高機能オンライン品質管理サービスとしてセントラル・サーバを使用し、キャリブレーションと品質管理に関連するデータすべてにアクセスすることができる、バルコのMediCal QAWebをベースに開発された。同システムは、レポート機能、資産管理機能を含めて、院内すべてのタブレットを集中管理することができる。QAWeb Mobileは、HIPAA準拠で保証されたQA管理で、どの場所でも高品質な画像を提供する。

MediCal QAWeb Mobile softwareのフリートライアルバージョンは、現在インターネット上のアップルストア(itunes.apple.com)からダウンロードすることができ、アップルコンピュータ製のiPad 1 ならびに iPad 2上で、ライセンス許可されたモバイル読影アプリケーションとして使用することができる。

【お問い合わせ】
〒143-0006 東京都大田区平和島5-1-1ヤマトインターナショナルビル8F
バルコ東陽株式会社
03-5762-8715
sales@barcotoyo.co.jp