HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝が 患者被ばく低減に貢献するAIDR 3D搭載CTソフトウェア 無償バージョンアップ開始

[ 2011/11/24 ]
東芝メディカルシステムズ株式会社は、CT撮影時のさらなる線量低減を可能とする画像再構成技術AIDR 3D(エイダースリーディー :Adaptive Iterative Dose Reduction 3D )を搭載したソフトウェアVer. 4.74/4.75へのバージョンアップを順次開始する。

AIDR 3Dは、最大75%の線量低減が可能な最新かつ独創的な画像再構成アルゴリズム。これにより、低線量域においても良好なノイズ抑制効果を発揮し、高い画質の担保が可能となる。従来の画像と比較して質感の変化が少なく、必要最小限の被ばくで最大限の画質、臨床情報を提供することができる。さらに、画像再構成に要する時間も従来とほとんど変わらないため、日常のCT検査スループットを阻害することなくご使用いただける。また、撮影部位を選ばず、すべてのCT検査にAIDR 3Dによる低線量撮影が可能となる。

患者や医療従事者の被ばくに関する意識が高まっている今般、より低線量での検査を実現したいとのユーザの要望にいち早く応えるため、同ソフトウェアVer.4.74/4.75については、据え付け済みの対象装置(注1)に無償でバージョンアップを順次行う。

(注1) ソフトウェアVer.4.74/4.75無償バージョンアップ対象機種 Aquilion ONETM、AquilionTM Premium edition、Aquilion PRIME、Aquilion CXL edition また、2007年以降の64列CT、その他一部システムについては有償にてバージョンアップ可能となる。