HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスが内視鏡挿入形状観測装置「UPD-3」を新発売

[ 2011/10/20 ]
負担の少ないスムーズな大腸内視鏡検査をサポート

オリンパスメディカルシステムズ株式会社(社長:森嶌治人、以下、オリンパス)は、磁気を利用し体内に挿入された内視鏡の挿入形状を3次元表示可能な内視鏡挿入形状観測装置「UPD-3」を2012年1月上旬から発売する。

●主な特長
①3次元の大腸内視鏡挿入形状をより円滑に表示
新開発の位置推定アルゴリズムの採用により、高速表示を実現した。検査時の実際のスコープの動きとモニタ上の3次元表示をより自然に同期させることで、ストレスのない観測に貢献する。
②小型化したシステム設計により省スペースを実現
これまで統合されていたシステムにおける本体、受信アンテナ等をユニット化した。さらに、新開発の磁気コイル駆動方式の採用などにより、本体部分は初代UPDよりも大幅な小型化を実現し、内視鏡室の省スペース化にも貢献する。
③小型設計の受信アンテナにより多彩なレイアウトを実現
受信コイルの改良などにより小型化した受信アンテナは、適切な位置や高さに調整しやすい専用スタンド(同梱)との組み合わせで、多彩なレイアウト変更に対応が可能となる。
nr111020upd3s_01.jpg
<内視鏡挿入形状観測装置「UPD-3」>


●内視鏡挿入形状観測装置「UPD-3」の原理
内視鏡の挿入部に内蔵された磁気コイルから発信される磁気を受信アンテナで受信する。受信した磁界の強さから磁気コイルのそれぞれの3次元の位置をコンピュータにより複雑な計算を瞬時に行い算出し、3次元で捉えた各コイルの位置を滑らかな曲線で結び、さらにその形状を見やすくするためにグラフィック処理を施してモニタ表示する。
<当システムの対応スコープは「CF-Q260DL/I」、「CF-H260DL/I」です(2011年10月20日現在)>

●導入の背景
近年、大腸がん罹患率の増加に伴い、大腸内視鏡検査数も増加傾向にある。しかし、大腸内視鏡検査は術者にとって、大腸の形状が屈曲している上に複雑であり、その形状も人によって千差万別のため、挿入手技はもとよりその手技の習熟性が求められている。
同社は2001年に、大腸内視鏡検査のサポートを目的として、磁界を利用し、検査中のスコープの形状を表示する内視鏡挿入形状観測装置「UPD」を開発した。従来、内視鏡が挿入されている状態を確認する手段として使われていたX線装置のような被曝がなく、また、習熟者による大腸内視鏡挿入がモニタ上で確認できるため、挿入方法に関する教育にも役立てられている。このたびアンテナ部分の大幅な小型化と、3次元の形状表示のさらなる円滑な動きを実現した「UPD-3」を開発した。
今後もオリンパスは、医療従事者、患者様に負担の少ないスムーズな大腸内視鏡検査をサポートしていく。

●主な仕様
内視鏡挿入形状観測装置「UPD-3」
形状寸法:370(W)×81(H)×482(D)mm
質量:9kg
受信アンテナ:「MAJ-1868」
外部寸法:256(W)×256(H)×31(D)mm
質量:800g


~本件に関するお問い合わせ先~
●報道関係の方:オリンパス株式会社 広報・IR室 北田
TEL 03-3340-2285(ダイヤルイン) FAX 03-3340-2130
〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス
ホームページURL http://www.olympus.co.jp/
●報道関係以外の方:オリンパスメディカルシステムズ株式会社 サービス本部 CIセンター
TEL 0120-41-7149 FAX 03-3375-7596