HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス、血液ガス分析装置「ラピッドポイント500」を新発売

[ 2011/10/17 ]
H_DX_RAPIDPoint500.jpg
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社は、使いやすさと精度管理を追及し、臨床と検査室の両方のニーズを満たす血液ガス分析装置「ラピッドポイント500」(届出番号:13B1X10041000027)を発売した。

「ラピッドポイント500」は、手術室やICUなどの1秒を争う臨床現場で求められる使いやすさをさらに追求し、同時に検査室が求める精度管理のニーズを満たす。オプションのラピッドコムデータマネジメントシステムを使用することにより、院内各所に設置されている血液ガス分析装置を遠隔から一元管理し、 効果的な機器および消耗品管理、迅速なトラブル対応、さらには管理コストの削減が可能。また、測定項目にはラクテートが追加される予定。

使いやすさを追求した「ラピッドポイント500」の特長

●タッチスクリーンによるわかりやすい操作。
●内蔵ビデオガイダンスで操作方法をサポート。
●サンプル吸引時はハンズフリーで操作。専用シリンジやキャピラリー測定用アダプターは不要。
● クロット検知機能・自動プローブ洗浄により、つまりを防止し、確実で安全な測定を実現。
● 内蔵バーコードリーダーで患者IDやオペレーターIDを片手で素早くスキャンできる。
● USBポートの搭載により検査結果やイベントログのバックアップが簡単に短時間でできる。
● ガスボンベや個別の電極交換が不要のメンテナンスフリーカートリッジを使用。

「ラピッドコムデータマネジメントシステム」とは

手術室、ICU、中央検査室、病棟など複数に点在している血液ガス分析装置をネットワークにて一元管理することができるシステム。接続機器のモニターやコントロール、トラブル管理、試薬残量管理などの遠隔操作が可能であり、また接続機器の制度管理データ、ログデータなどの一括管理、保存も可能。LIS/HISへの接続がシンプルになるため、管理コストの削減にも貢献する。

また同社はPOCコーディネータ制度に代表される院内のPOC機器一括管理体制を支援する。近年、患者の近くで検査を行うPOC機器の導入が増加していることにともない、POCを円滑に実施していくためのPOCコーディネータ制度が誕生した。POCコーディネータの業務のひとつであるPOC機器の一括管理は、同社の「ラピッドコムデータマネジメントシステム」が支援する。

患者近くでおこなわれるPOC検査は、医師が検査結果を即座に判断し、迅速な処置や治療の過程、予後のモニタリングまでを的確に行うことができるため、医療の質、患者のQOLの向上に大きく役立つとして注目されている。

【お問い合わせ】
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
マーケティング部 マーケティングコミュニケーション
北條 直子
TEL: 080-6558-5479
Email: naoko.hojo@siemens.com

お客様支援センター
TEL: 0120-543-455 (平日9:00~18:30/土・日・祝日休)