HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパス 内視鏡統合ビデオシステム「VISERAビセラ ELITEエリート」シリーズ拡充 耳鼻咽喉ビデオスコープ2種、膀胱ぼうこう腎盂じんうビデオスコープ1種、 ならびに上記スコープにも対応した内視鏡洗浄消毒装置を発売

[ 2011/09/16 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、観察性能と操作性の向上で患者さんの苦痛低減をサポートする耳鼻咽喉科、泌尿器科向けビデオスコープ計3種を2011年10月上旬から国内で順次発売する。また上記スコープにも対応し、安心・安全・高効率をめざした外来診察室向け小型内視鏡洗浄消毒装置を2011年10月3日から国内で発売する。 今後も内視鏡統合ビデオシステム「VISERA ELITE」シリーズの拡充を図り、各種内視鏡やカメラヘッド、記録機器などの周辺機器を順次導入する。

●ビデオスコープ3種の発売の概要
olympus.JPG
cyf.JPG

●おもな特長

< 耳鼻咽喉ビデオスコープ ENF-VH >
・HD (High Definition) 対応により診断精度の向上に貢献 従来ビデオスコープ※1 の先端外径3.9mmを保ちながら、HD対応を実現。高精細な映像により、さらなる微細な観察をサポートする。また、NBI(Narrow Band Imaging)※2観察時においても微小な血管の色コントラストが向上し、視認性の向上に役立つ。

※1 従来ビデオスコープ : ENF-VQ
※2NBI(Narrow Band Imaging): 光学的に画像が強調されることにより、粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などが色調の違いとして強調表示される機能

<耳鼻咽喉ビデオスコープ ENF-V3 >
・先端外径2.6mm実現により、苦痛の尐ない診断をサポート 小児や鼻腔の狭い患者さんの診断時の苦痛軽減に貢献。同時に、SD (Standard Definition) 画像ながらクラス最高の高画質化を実現した。

<膀胱腎盂ビデオスコープ CYF-VHA >
・世界初※3HD対応と先端形状の細径化により、診断効率の向上をサポート 高精細な観察画像により、膀胱鏡検査の診断精度の向上に貢献。またスコープ先端部をより細く、より滑らかな形状にしたことにより、内視鏡挿入時の患者さんの苦痛軽減をサポートする。

※3 膀胱腎盂ビデオスコープにおいて、2011年9月14日現在(当社調べ)

<内視鏡洗浄消毒装置 OER-S >
・卓上設置が可能な外来診察室向け洗浄消毒装置 本体の大幅な小型化により、スペースの尐ない耳鼻咽喉科、泌尿器科などの外来診察室にも設置が可能。また外来検査向け内視鏡の確実な洗浄消毒をサポートする。

●市場導入の背景

内視鏡は消化器内科のみならず、幅広い分野に普及しており、特に近年は病変部の早期発見や見落とし低減といった診断精度のさらなる向上が求められてきている。こうした中、同社は今回新たに「VISERA ELITE」システムに耳鼻咽喉科および泌尿器科向けビデオスコープを導入し、より高精細な観察画像を提供するとともに、機器の操作性向上や診断時の患者さんの苦痛低減を図った。 また内視鏡医療における症例間の洗浄消毒に対する重要性の高まりと、外来診察室での運用における小型化のニーズに応え、外来診察室用洗浄装置「OER-S」を導入し、安心・安全・高効率な内視鏡医療環境の実現をサポートしていく。

【お問い合わせ】
オリンパスメディカルシステムズ株式会社
販売本部 CIセンター
TEL 0120-41-7149 FAX 03-3375-7596