HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスが経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG)用「イディアルPEGキット」を発売

[ 2011/09/09 ]
経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG)用のキットに安全性を追求した新発想の器具を追加
「イディアルPEGキット」を発売

オリンパスメディカルシステムズ株式会社(社長:森嶌 治人)は、内視鏡を用いた栄養摂取法である経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG)用の医療器具として、安全性と患者さんの苦痛軽減を追求した胃ろう造設キット「イディアルPEGキット」を、2011年9月12日から国内で発売する。
経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG:percutaneous endoscopic gastrostomy)とは、口から食事を取ることができない患者さんの胃に栄養を送るために、内視鏡を用いながら、体外と胃をつなぐ小さな穴(胃ろう)をつくる手技のことである。
今回発売する「イディアルPEGキット」は、胃ろう造設術の1つとして患者さんの苦痛軽減と安全性向上が期待されている「Introducer変法※1」に対応し、「シース」という新たな器具を従来のキット内容に追加したものである。この「シース」により、「Introducer変法」の安全性がさらに高まることをめざしている。
※1 PEGには、Pull法、Push法、Introducer法、Introducer変法という4つの手技があります。

●主な特長
1.胃ろう造設術の「Introducer変法」に対応
2.シースの使用により、手技の安全性と確実性の向上をサポート
3.患者さんの苦痛軽減と介護する方の簡便な管理を実現

<本件に関するお問い合わせ先>
●報道関係の方 : オリンパス株式会社 広報・IR室 川崎
TEL:03-3340-2134(ダイヤルイン) FAX:03-3340-2130
●報道関係以外の方 : オリンパスメディカルシステムズ株式会社 サービス本部 CIセンター
TEL:0120-41-7149 FAX:03-3375-7596
●ホームページ : オリンパスメディカルシステムズ株式会社 http://www.olympusmedical.jp/


nr110909pegs_01.jpg

<シース>

nr110909pegs_02.jpg

<シースを介してカテーテルを挿入>


●開発の背景
近年、高齢化に伴う脳血管障害や認知症、神経疾患などの増大により、食事を口から取れない、あるいは飲み込むことが困難な患者さんが増えています。そのような患者さんが必要な栄養を摂取できるように、内視鏡で胃壁の内側を観察しながら、体外から胃に直接栄養剤を送りこむための小さな穴(胃ろう)を造設する経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG)が実施されています。
当社は、内視鏡総合メーカーとして、2005年から胃ろうカテーテル(胃に栄養を送るチューブ)を販売し、2007年からはPEGの新しい手法である「Introducer変法」に必要なすべての器具をそろえたキットを販売してきました。今回は、この手法の安全性をさらに高めるため、シースという新発想の器具を新たに開発し、このキットに追加する形で発売します。

●主な特長の詳細
1.胃ろう造設術の「Introducer変法」に対応
経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG)の1つである「Introducer変法」は、他の手法と比べ、内視鏡の挿入が1度で済むため、患者さんの苦痛軽減が期待できます。また、カテーテルを腹壁に設置する際にカテーテルが咽頭部を通らないため、胃ろうに咽頭の常在菌などが感染する危険が少なく、安全性が高いとされています。

2.シースの使用により、手技の安全性と確実性の向上をサポート
シースとは、体外と胃をつなぐトンネル状の空間を確保する管状の器具です。これを介したカテーテル挿入を実現することで、医師がIntroducer変法をより安全で確実に行うことができるようサポートします。 従来のIntroducer変法では、腹壁に開けた穴からガイドワイヤを胃内に挿入し、それに沿わせて挿入するダイレータ※3で穴を拡張し、続いてその穴にカテーテルを挿入します。今回のキットでは、ガイドワイヤ挿入後に、シースを装着したダイレータを挿入して穴を拡張した後、シースを体外と胃内をつなぐように留置します。その後、留置されたシースを介してカテーテルを挿入します。シースの留置による挿入路の確保によって気腹※4や胃の裂傷※5などのリスク軽減をサポートすると同時に、シースの蓋が胃内空気の抜けを予防してくれるなど、安全性の向上が期待できます。
※3 腹壁にあけた穴を拡張する器具
※4 腹壁と胃壁の隙間から腹腔内に空気が入ってしまうこと
※5 カテーテル留置の際になんらかの外的要因から胃壁が裂けてしまうこと

3.患者さんの苦痛軽減と介護する方の簡便な管理を実現
1回の内視鏡挿入で胃ろう造設が行えることに加えて、カテーテルが口の中を通らない造設手技のため、患者さんの苦痛軽減が期待できます。また、造設から交換まで同一のカテーテルが使用できるため、介護者は簡便な管理が行えます。

●オリンパスPEG(胃ろう)情報サイト
URL: http://www.pegnet.jp/