HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン、PACS用最新ソフト「Centricity Enterprise Archive 4.0」を発売

[ 2011/08/18 ]
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は8月18日、GEヘルスケア製PACS(医用画像管理システム)「Centricity PACS 3.2(セントリシティ・パックス)」シリーズ用の最新アプリケーションソフト「Centricity Enterprise Archive 4.0(セントリシティ・エンタープライズ・アーカイブ4.0)」を発売した。

GEPACS.JPG

Centricity Enterprise Archive 4.0は、「短期ストレージ」(おもに撮影から3~5年以内の画像を保管)と「長期アーカイバー」(病院が電子保管を決定したすべての撮影画像を保管)の2層構造を持つGEヘルスケア特有の2ティア型PACSのうち、「長期アーカイバー」に保管している医用画像の管理・運用を司るアプリケーションソフト「Centricity Enterprise Archive」の最新バージョン。一番の特長は、保管している医用画像に対し医療機関独自の管理・運用ルールを設定できる「Image Lifecycle Management(イメージ・ライクサイクル・マネジメント:ILM)」機能である。

ILMの採用で、医療機関は長期アーカイバーで保管するCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)、マンモグラフィ(乳房X線撮影装置)などの医用画像に対し、「CTの画像については10年間たったものは小児と腫瘍を除きすべて削除する」、「マンモグラフィについては、すべて可逆圧縮して保存する」、「撮影から2年を過ぎた画像は可逆圧縮し、5年たったらすべて削除する」など、保存する期間や方法、場所などをデータごとに逐一条件設定できるようになる。この管理・運用ルールの設定を実行させるには2人以上の承認が必要な2重体制を敷いており、1管理者の手違いで勝手にルールが変更されるというようなセキュリティ面のリスクを最小限に抑える。

このような特長を有するILMを導入することで、医療機関は加速度的に増大し続ける大容量の医用画像データを、セキュリティを確保の上で、自施設での重要度に応じて効果的かつ効率的に管理・運用できるようになる。その結果、これまで院内スタッフがすべての画像データを手動で運用管理していた場合に比べて、大幅な生産性の向上ならびにコストの削減につながると見込まれている。

Centricity Enterprise Archive 4.0は、本年10月にサービス開始予定のクラウドコンピューティング型データホスティング・サービス「医知の蔵(いちのくら)」(http://www.ichino-kura.jp)にも、来年度第2四半期をメドに搭載予定。顧客医療機関は、経営効率改善やディザスタリカバリ(災害時復旧)体制の強化などに向けて外部保管を決めた医用画像に対しても、院内で保管する場合と同様、独自ルールを設定の上、効果的・効率的な管理・運用が可能となる。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
広報 松井亜起
Tel:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com