HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ  X線CT装置向け節電モードプロトコルについて ~停電時、自家発電環境で救急撮影を可能に~

[ 2011/08/29 ]
東芝メディカルシステムズ株式会社は、災害時および停電時における画像診断検査の継続をめざし、既設のX線CT装置向けに停電時救急撮影プロトコルを開発した。

対象のX線CT装置は同社最高級機種Aquilion ONE™(アクイリオンワン)で、その高速撮影性能を生かし、救急検査に特化した節電型救急撮影プロトコルを開発。既設のAquilion ONE™にこの撮影プロトコルを組み込むことで、装置の改造無しに、かつ造影シーケンスなどの検査手順などを変えることなく、消費電力を通常検査時の最大50%削減、最大消費電力を30kVA程度まで抑制しながら、救急検査を継続することが可能になる。

先日、財団法人医療機器センター附属医療機器産業研究所より発表された、東日本大震災に伴う計画停電の病院施設への影響に関する報告書(注1)にあるように、停電時に画像診断装置を稼動させるニーズは非常に高いものがある。しかし従来、X線CT装置は消費電力の最大定格および電力変動が大きいため、停電時に非常用電源に接続して使用することは困難と、一般に考えられてきた。

今回、臓器を一回転で撮影できる上記機種の高速撮影性能を生かし、検査種類を救急用に限定し、かつ撮影条件を調整して最大消費電力を抑えることで、非常用電源への接続が従来より容易になった。

(注1) 財団法人医療機器センター附属医療機器産業研究所 リサーチペーパーNo.4「計画停電(発電容量不足)に伴う医療機器等の使用状況に関する緊急調査」より 計画停電中であっても、多くの医療機関が患者監視装置(心電計、ベッドサイドモニタなど)などのモニタ関係や輸液ポンプ、人工呼吸器、透析器などの治療関連機器の使用を優先している。一方、いったんは使用制限したものの、後から診療上の必要性が高いと判明した医療機器として、CT、X線撮影装置などの画像診断装置があげられた。

後から診療上の必要性が高いと判明した医療機器や医療設備など(上位5 位まで)
toi.JPG
【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ株式会社
広報室
Tel. 0287-26-5100