HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン、クラウドコンピューティング型データホスティング・サービス「医知の蔵」を本日7月1日に販売開始

[ 2011/07/01 ]
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、クラウドコンピューティングを活用した医療用画像のデータホスティング・サービス「医知の蔵(いちのくら)」を、本日7月1日(金)に販売開始する。

医知の蔵は、同社のPACS(医用画像管理システム)を導入している顧客医療機関が撮影したCTやMRI、PETなどの医用画像を、ソフトバンクテレコム株式会社の保有するデータセンター設備を活用して院外保存するクラウド型の医療サービス。同社は医用画像の保存に関する運用管理業務を手がける。

医知の蔵導入で、医療機関は加速度的に増大し続ける大容量の医用画像データを、院内と同等の利便性を残したまま、各種ガイドライン対応したセキュリティ体制のもとで外部保管できるようになる。外部保管に伴い、これまでの院内保存時にかかっていたサーバ代や電気代、その他運用管理にかかる人件費などが一部不要になるため、医療機関は核となる診療行為に資源をより集中投下し、経営効率を改善できると見込む。また医用画像は、プライマリーデータセンターと国内遠隔地に設置されたバックアップ用のセカンダリデータセンターの2ヵ所で保管し二重化されるため、医療機関のディザスタリカバリ(災害時復旧)体制の強化にもつながる。

itinokura.jpg
医知の蔵ではホスティングしたデータ容量に応じた従量制の料金体系を採用し、本年10月にサービスを開始する予定。画像を院内保存する場合に比べた中長期の総管理コストの削減効果に加え、災害対策や高いセキュリティなどのメリットを訴求し、当社のPACS導入顧客を中心にサービス提供を図る。

また同社では、同じく7月1日付で医知の蔵の専用サイト(http://www.ichino-kura.jp)を開設する。同サイトではサービスの特長のほか、医用画像の外部保管に関する専門家のコメントや導入事例などもサービス開始後順次取り上げていく予定で、この大手ヘルスケア企業と国内トップクラスの通信会社としては国内初の共同データホスティング事業を詳しく紹介する。

toppage%20.jpg
医知の蔵の専用サイトトップページ

同社は今回のデータホスティング・サービスを皮切りに、今後中小規模病院や診療所に向けたPACSのASPサービスや、病院間で医用画像を相互活用できるサービス提供の事業化など、「医知の蔵」のさらなるサービス拡充を図る。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
松井亜起
TEL:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com

広報担当
ヒル アンド ノウルトン ジャパン(株)
熊崎正人
Tel:03-5722-7415
Mail:kumazaki@mocopro.com