HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ナナオより超高解像度8メガピクセル対応の医用画像表示モニターRadiForce RX840新発売

[ 2011/07/04 ]
RX840.jpg
株式会社ナナオは、医用画像表示モニター EIZO RadiForce RX840(36.4型カラー液晶モニター、オープン価格※)を2011年11月1日より発売する。

フィルムレス化が進む医療の現場では、取り扱う画像データ量や種類が急増し、より多くの情報や多様な画像を適切に表示できるモニターへのニーズが浮上している。RadiForce RX840は、対角36.4インチの画面に、超高解像度8メガピクセルの情報表示が可能。3MPモニター2台分の医用画像に加えて検査リストも同時に表示できるなど、医療現場の多彩な画像表示ニーズに柔軟に対応する。さらに同社医用モニターとして初めて、液晶の光源となるバックライトに白色LEDを採用。CCFLバックライトと比較して経年劣化しにくく、長寿命化を実現する。

その他、RadiForce RX840は、同一画面内のモノクロとカラー画像をハイブリッド表示できるHybrid Gamma 機能搭載や、複数人で画面を見る際も共通したイメージを共有できる広視野角パネルを採用、DICOM Part 14 準拠のキャリブレーションが実行できるセンサー内蔵など、当社医用画像表示モニターRadiForceのフラッグシップモデルの基本コンセプトを踏襲している。

同製品は、2011年7月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2011」に展示される。    

※オープン価格の商品は標準価格を定めていません。

おもな特長や機能

超高解像度8メガピクセルの情報表示

対角36.4インチの画面に、超高解像度8メガピクセル(4096×2160=884万画素)の情報表示が可能。3MPモニター2台分の医用画像に加えて検査リストも同時に表示するなど、医療現場の多彩な画像表示ニーズに柔軟に対応する。同社医用画像表示用モニターRadiForce G&R-Seriesに広い表示領域を確保した新たなサイズが加わり、ユーザの選択肢がさらに広がる。

バックライトに白色LEDを採用し長寿命化を実現

同社医用モニターとして初めて、液晶の光源となるバックライトに白色LED(Light Emitting Diode 発光ダイオード)を採用。CCFL(Cold Cathode Fluorescent Lamp 冷陰極管)バックライトと比較して経年劣化しにくく、5年間かつ製品使用25,000時間以内は推奨輝度400cd/m2の維持を保証、という長寿命を実現する。

同一画面内のモノクロとカラー画像をハイブリッド表示

EIZO 独自の技術Hybrid Gamma 機能が、同一画面内のモノクロとカラー画像の表示エリアを自動判別し、それぞれ最適な輝度と階調で再現します。PACS 用アプリケーション内でモノクロ、カラー画像の混在が進む中、業務の効率化が期待できる。

複数人でも見やすい広視野角パネルを採用

176度という超ワイドな視野角で鮮明な画像表示を実現。複数人で画面を見る際も、角度による白浮きや色変化がなく、共通したイメージを共有でき、コミュニケーションを円滑にする。

内蔵センサーでDICOM Part 14 準拠のキャリブレーションを実現

モニターに内蔵されたIntegrated Front Sensor(IFS)により、取り付け取り外しの時間と手間をかけず、さらに品質管理タスク実行中は表示画面を妨げることなく、DICOM Part14 準拠のキャリブレーションを実現。モニター品質管理に伴う作業者の業務負荷とコストの削減が見込める。

本製品は医療機器ではありません。EIZO、RadiForceは株式会社ナナオの登録商標です。Windowsは米国およびその他の国における登録商標です。外観および仕様は改善のため予告なく変更することがあります。

【 お問い合わせ 】
株式会社ナナオ 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014(代)
FAX:03-3458-7001