HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケアが世界規模の「GEt Fit」キャンペーンを開催~がん予防につながる健康的なライフスタイルの確立をめざす~

[ 2011/06/21 ]
あなたの健康法をつぶやいて、がん予防と社会貢献を!

米ゼネラル・エレクトリック(GE)のヘルスケア事業部門であるGE ヘルスケア(本社:英チャルフォント セントジャイルズ、プレジデント兼CEO:ジョン・ディニーン)は7 月31 日(日)まで、がん予防につながる健康的なライフスタイルの確立をめざし、全世界でツイッターを利用したキャンペーン「GEt Fit(ゲット・フィット)*1」を開催する。
ツイッターによるがん予防コンペを開催、優勝国の赤十字社などに2万ドルを寄付する。

GEt Fitは、ヘルスケアに関するGE の世界戦略「ヘルシーマジネーション(healthymagination)*2」の一環として開催するがん予防の啓発キャンペーン。がんの発病リスク低減に役立つと思われる健康法に関するつぶやきを世界各国から募集することで、がん予防に対する意識向上を狙う。
 本キャンペーンにはツイッターのアカウントがあれば世界中だれでも参加できる。世界6大陸(アジア/欧州/北米/南米/オーストラリア・ニュージランド/中東・アフリカ)でつぶやきの数を争うコンペ形式で、一番多くのつぶやきを獲得した大陸が優勝を手にできる。後日この大陸の中から一般投票で1カ国を選び、その国の赤十字社または赤新月社に2万ドル(約160万円)が寄付される。
世界保健機関(WHO)の付属機関である国際がん研究機関(IARC)によると、がんは心血管疾患に 続き世界の死亡原因の第2 位で、罹患数は年間約1,270 万人、死亡数は同約760 万人に上る*3。
日本では、がんは1981 年から死因の第1 位を占め、2009 年の死亡数は34 万4,105 人、人口10 万対死亡率は273.5 と総死亡の30.1%を占める*4。IARCでは、がんによる死亡の約3 分の1 は予防可能で、適度な質と量の運動ががんの発症リスク低減に役立つと指摘している*5。
GEが進めるヘルシーマジネーションでは、「より身近で質の高い医療をより多くの人々に」提供することをめざしており、その一環としてがん撲滅活動にも積極的に取り組んでいる。GEt Fit キャンペーンはこの取り組みの1 つで、確実性の高い実行可能な情報を幅広く伝達することで、世界中の人々ががん予防につながる健康的なライフスタイルを確立できるよう支援する。

なおGEt Fit を開始するにあたり、GE ヘルスケアではがんになるリスクを減らすライフスタイル10カ条をまとめた。その中には、「30 分以上の運動を週3 回続ける」、「適正体重を維持する」、「早期発見が大切」、「ストレスをため込まない」などが含まれている。10 カ条の詳細はGE ヘルスケアのホームページ (http://newsroom.gehealthcare.com/articles/health-ahead/)をご参照ください(英語版)。

■「GEt Fit」キャンペーン概要
参加方法:
1. ツイッターのアカウントを持っていない方は、ウェブサイト(http://twitter.com)上で新規登録してアカウントを取得
2. ツイッター上で自分が実践している健康法をつぶやく
例):「毎日30 分かけて自転車通勤している」、「20 年来のヘビースモーカーだったのが先月禁煙に成功」、「毎日健康的な食事を心がけ、野菜と果物を欠かさず食べている」
3. つぶやきの最後にハッシュタグ「#GetFit_JPN」を必ず入れる
※つぶやく言語に指定はありません。

期間:~2011年7月31日(日)


【お問い合わせ先】
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社 コミュニケーション本部・松井亜起
Tel: 0120-202-021  Fax: 042-585-5360
Mail: aki.matsui@ge.com