HOME > 新着ニュース

新着ニュース

フィリップス、ワークフローとクオリティを大幅に改善する画像診断レポーティングシステム販売を開始

[ 2011/04/07 ]
株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンは4 月より、画像診断レポートを短時間に、分かりやすく作成し、クオリティを大幅に改善できる画像診断レポーティングシステム「iReport」の販売を開始した。

「iReport」は、フィリップスが、京都府下の病院を中心に遠隔画像診断業務を行っている、イメージ・コミュニケーション株式会社との提携に基づいて、取締役でもある、放射線診断専門医 伊藤博敏先生を中心とした、多くの画像診断医の先生方の全面協力により開発した。

「iReport」を採用することにより、フィリップスが販売しているPACSのワークステーションとシームレスに連携が可能になり、画像診断ワークステーションの操作と画像診断レポートの作成が一体化し、直観的な操作で詳細かつわかりやすいクオリティの高い画像診断レポートが短時間に作成できる。

作成された画像診断レポートは、PDF ファイルやXML ファイルとして出力が可能で、病院内だけでなく、病・病連携、病・診連携においても、ネットワーク経由で、迅速に画像診断レポートの配信が可能。「iReport」はWeb アプリケーションとして配信されるため、院内のレポート端末や電子カルテ端末のみならず、院外でも画像診断レポートの参照や作成が可能となる。また、遠隔画像診断センターの画像診断レポートの作成や配信を強力にバックアップ。さらには、この最新の「iReport」を多くの画像診断専門医の方にお使いただくため、フィリップスが販売しているPACS 以外の他社製PACS との接続も想定しており、現在の画像診断レポート作成上の問題やワークフローを改善する。

「iReport」の希望販売価格は、1 クライアント(サーバ込)につき100 万円からで(税込、仕様により異なる)、2011 年度の国内販売台数は、確定レポート配信も含み50 セットを見込んでいる。

株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグ氏は、「昨今、検査件数の増加と検査あたりのデータ量の飛躍的増加に比べ、画像診断専門医の負荷が顕著となっています。フィリップスはhealth and well-being のリーディングカンパニーとして、「iReport」を医療現場に導入することにより、作業の効率とクオリティを改善し、患者様のみならず、医師にも優しい医療環境を実現したいと考えています」と述べている。

「iReport」の導入メリット

1. 短時間で、分かりやすくクオリティの高い画像診断レポートの作成が可能
2. 優れたセキュリティ管理
3. 遠隔読影診断レポート、病・病連携、病・診連携に対応

「iReport」のおもな特長

 ID ごとにワークリストを項目フィルター機能により自由に設定
 HIS・RIS との連携により、必要な検査項目や患者情報を自動入力
 項目を絞り過去の画像診断レポートと画像を含む比較診断
 直接入力、自由設定の定型文入力、音声入力の選択
 3 次読影までの承認設定とフィードバック機能など、画像診断医向け教育ツールを用意
 確定した画像診断レポートはティーチングファイルとして管理
 画像診断レポートはHIS 端末などからワンクリックで参照可能、さらにワンクリックでIDS7cx 画像参照ビュアと連携
 マンモグラフィ集団検診ほか、画像診断専用テンプレートを用意

【お問い合わせ】
株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL 0120-556-494