HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ株式会社 最新被ばく低減技術を搭載し、施設の環境に合わせたワークフローを実現できるマルチスライスCT Aquilion™ / CXL Edition発売開始

[ 2011/04/19 ]
Aquilion%20CXL_1monitor_M.jpg
東芝メディカルシステムズ株式会社 は、フラグシップCT Aquilion ONE™の技術を継承し、「低線量でルーチン検査をストレスなくこなす」をコンセプトにした64列 / 128マルチスライスCT Aquilion™ / CXL Editionを商品化し、4月より全国で発売を開始した。

従来の64列 / 128マルチスライスCT機能をさらにバージョンアップさせ、逐次近似再構成法を応用したAIDR(注1)による被ばく低減、高速画像再構成やさまざまなコンソールバリエーションによるワークフローの改善を実現。さらに、多彩な最新臨床アプリケーションソフトウエアにより、新たな検査の可能性が広がる。

開発の背景

昨今、臨床ニーズが多様化する中、さまざまなシーンが想定されるCT検査環境において、ワークフローの改善は必須。またCT検査に対して、“高画質ながらより低被ばくで”という基本的なニーズがさらに高まりつつある。そこで同社は、快適な検査環境を実現しながら、より低被ばくな検査を提供できる64列マルチスライスCTを開発した。

製品の特長

1.被ばく低減技術のさらなる進化 AIDR(エイアイディーアール)

東芝が開発した逐次近似再構成法を応用したAIDRをさらに進化させ、スキャンと連動して低被ばくと高画質の両立を実現。さらに、VolumeEC(注2)を併用することで被ばく低減効果が高まる。AIDRは3次元的に高い分解能を維持しつつ、効果的に被ばく低減を可能とするため、SD値は通常検査用モードで最大50%、低線量検査モードで最大70%向上(注3)、患者に対する被ばくは最大75%低減する。

2.高速-高画質 画像再構成 TCOT+(ティーコットプラス)

東芝独自の技術である、コーン角の影響を考慮した3D Back Projection再構成アルゴリズムTCOT(注4)がさらに進化した。画像のノイズ均一性の向上やコーンビームアーチファクトの低減により、通常ピッチからハイピッチ撮影までの各種撮影プロトコルにおいて画質の向上が実現する。 また、画像再構成速度のさらなる高速化を行い、最大30画像/秒を実現している。

3.自由なコンソールシステム構成

標準コンソールシステム構成は1モニタ、1キーボードのシンプルな構成。スペースはコンパクトに、撮影から画像処理まで使用できる。また、施設様のニーズにフレキシブルに対応できるコンソールシステム構成が選択可能。2人以上で使用したり、撮影中に並行して画像観察を行う施設様へはSURE Station、CT室以外の部屋で画像観察や画像処理を行う施設へはSURE Xtension™など、施設の環境ニーズに合わせたコンソールシステム構成が可能。

注1:「AIDR」: Adaptive Iterative Dose Reduction:画像再構成処理にて3次元オブジェクト解析により組織構造を同定し選択的にノイズ低減を行う高度な技術。

注2:被検者の体格や部位ごとに、一平面のXY方向と体軸Z方向へ管電流を変調させながら撮影する技術。

注3:自社比

注4:True Cone-Beam Tomography

・販売名 東芝スキャナ Aquilion TSX-101A
・一般的名称 全身用X線CT診断装置 認証番号 21000BZZ00377000

※Aquilion ONE、Aquilion、SURE Xtension 、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズの商標です。

【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ株式会社
CT事業部(国内)
TEL:0287(26)5034