HOME > 新着ニュース

新着ニュース

キヤノンが医療用X線デジタル撮影装置“CXDI-401シリーズ”を発売 高精細・高画質なフルサイズ4機種

[ 2011/03/02 ]
キヤノン株式会社は、DR(Digital Radiography)方式※1のX線デジタル撮影装置の新製品として、据置型・フルサイズモデルの“デジタルラジオグラフィ CXDI-401シリーズ”4機種※2を5月1日より発売する。

※1:X線を蛍光体部分で可視光に変え、その光を大型平面センサーで直接ピックアップして画像化する方式

※2:CXDI-401C/401G/401C COMPACT/401G COMPACT

cxdi401c.jpg
     CXDI-401C

新製品“デジタルラジオグラフィ CXDI-401シリーズ”は、据置型・フルサイズモデルで定評のある「CXDI-40シリーズ※」の後継機種で、その優れた基本性能を継承しつつ、426(幅)×415(奥行き)mmの広範な有効撮影範囲を備え、新開発のセンサーを搭載した高画質・高精細のモデル。“CXDI-401C/401C COMPACT”は蛍光体にヨウ化セシウム(CsI)を採用しており、X線照射量を抑えた撮影が可能で、患者の負担を軽減する。

ピクセルピッチ125µmの高精細・高画質のセンサーを搭載

新製品はいずれも、新たに開発したピクセルピッチ125µmのX線平面センサーを搭載しており、従来機種に比べ約1.6倍の約1,130万画素という高精細・高画質な診断画像を得ることができる。

既存のアナログ用設備を流用可能

“CXDI-401C COMPACT/401G COMPACT”は、460(幅)×460(奥行き)×15(厚さ)mmのサイズで、既存のアナログ撮影用の立位・臥位撮影台などの設備を大幅に変更することなく使用することができる。これにより、設備投資を抑えながらスピーディーで効率のよい撮影・診断環境を実現する。

なお3月3日から7日まで、オーストリア・ウィーンで開催される「ECR(欧州放射線学会)2011」の併設展示場に設置するキヤノンブースに新製品を展示する予定。

※CXDI-40EC(2005年7月発売)/40EG(2006年5月発売)/40G COMPACT(2009年4月発売)。

デジタルラジオグラフィ CXDI-401C 価格(税別)2,200万円 (発売日:2011年5月1日)
デジタルラジオグラフィ CXDI-401G 価格(税別)2,000万円 (発売日:2011年5月1日)
デジタルラジオグラフィ CXDI-401C COMPACT価格(税別)1,850万円 (発売日:2011年5月1日)
デジタルラジオグラフィ CXDI-401G COMPACT価格(税別)1,700万円 (発売日:2011年5月1日)
【お問い合わせ】
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
医療機器営業本部 医療機器販売推進課
TEL:03-3740-3354 (直通)