HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスメディカルシステムズ(株)、新内視鏡手術統合システムの提供を開始

[ 2011/02/08 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社(社長:森嶌治人、以下オリンパス)は、従来の内視鏡手術統合システム(ENDOALPHAエンドアルファ)を発展させたあらたなシステムインテグレーションの提供を開始する。当システムを通じて効率的な手術環境を提供することで、医療従事者にとってよりストレスを軽減するとともに、患者様にもやさしい低侵襲な内視鏡外科手術をさらにサポートしていく。
オリンパスでは従来から、外科内視鏡が使われる外科手術室と消化器内視鏡が使われる内視鏡検査処置室を連携し、病院の経営効率化、医療従事者の使い勝手を考えたシステムインテグレーションを提供してきた。このたび提供するシステムは、あらたにオリンパス製の内視鏡手術機器とオリンパス製以外の無影灯・手術台、さらには内視鏡手術室全体の可変色LED照明等※※の院内設備の連動を可能とする世界初の機能(シーンセレクション機能:下図)をもつものである。また、手術に伴う複数機器の操作の組み合わせを、想定される手術シーンごとにプリセットし、手術の進行・術式の変更時にワンタッチで変更することができる。さらに、手術室と内視鏡検査処置室の映像を集中管理するシステム構築を行う。これらにより、スムーズに手術が進行でき、複雑な操作によるストレスが軽減される。
なお、2011年2月14日、当システムは国内で初めて刈谷豊田総合病院(愛知県刈谷市)に導入される。
消化器外科・消化器内科の総合メーカであるオリンパスならではの強みを生かし、今後さらに先進的なインテグレーションを提供することで、さらなる安心、安全、高効率な病院経営をサポートしていく。
今後もオリンパスは、当システムの普及に向けて積極的な提案を展開していく。
※※ 無影灯(手術などで術野を照らす照明)、手術台、および可変色LED照明(内視鏡手術室全体を照らす照明)はオリンパス製ではありません。

●市場導入の背景
近年、国内の医療改革が進む中、病院経営の効率化がクローズアップされてきている。内視鏡手術は開腹手術に比べ低侵襲(身体や精神に与えるダメージが少ない)で、患者に優しい医療として年々広まってきている。これにより、病院経営者からは専用の内視鏡手術室を作り、機能的で効率的な手術環境の整備が求められている。
一方、医療従事者からも幅広い診療科の内視鏡手術に対応し、多様な機器の操作・設定が簡単に行なえる使い勝手の良いシステムが望まれている。
この度展開するシステムは、こうした病院経営の効率化、医療従事者の使い勝手を考慮して開発された。当社は内視鏡の総合メーカとして、機器・システム・サービスまでを含めたトータルコーディネータとして、今後も医療に貢献していく。

nr110208endoalphas_01.jpg
写真:内視鏡手術室の一例 (刈谷豊田総合病院)


【本件に関するお問い合わせ先】

● 報道関係: オリンパス株式会社 広報・IR室 北田
TEL:03-3340-2285(ダイヤルイン) FAX:03-3340-2130
● 報道関係以外 :オリンパスメディカルシステムズ株式会社 外科営業企画部
医療システムインテグレーションG 内久保 TEL 03-6901-4017
●ホームページ: http://www.olympus.co.jp/