HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスが内視鏡の洗浄消毒の履歴を効率的に記録・管理・活用するための洗浄消毒履歴システム『Storia』を発売

[ 2011/01/17 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社(社長:森嶌 治人)は、消化器内視鏡用の洗浄消毒履歴システム「Storia(ストーリア)」を2011年1月17日に日本で発売した。
本製品は、内視鏡に取りつけたタグを当社製の内視鏡用洗浄消毒装置(OER-3/OER-2)にかざすだけで、洗浄消毒履歴の詳細情報をパソコンに取り込み、記録・管理・活用ができるシステムである。
学会などで強く奨励されるようになってきた内視鏡の洗浄消毒履歴をより手軽に実現する。

●発売の概要
商品名:洗浄消毒履歴システム「Storia」
価格(税込み):1,050,000円※
発売日:2011年1月17日
※ Storiaサーバクライアント(Storiaを搭載したノートパソコン)の価格。内視鏡の洗浄消毒には洗浄消毒装置が、洗浄消毒履歴には、プロトコルコンバータ(洗浄消毒装置とStoriaをLANでつなぐためのプロトコル変換機)と装置間をつなぐケーブルが別途必要になる。

●おもな特長の概要
①専用タグを内視鏡用洗浄消毒装置にかざすだけで洗浄消毒履歴を取得。
②取得した履歴情報をパソコンで記録・管理・活用。

●市場導入の背景
オリンパスは、内視鏡総合メーカとして、内視鏡はもちろん内視鏡が使用される環境の変化に合わせたさまざまなシステムを導入してきた。1995年には内視鏡画像の電子化に伴う内視鏡画像デジタルファイリング装置を、2002年には病院の内視鏡部門全体の業務効率化を目的とした内視鏡室マネージメントシステム「Solemio ENDO Ver.1」を、2005年には内視鏡業務に必要不可欠な機能に絞り込んだ「Solemio ENDO Belle」を、2009年には内視鏡検査業務情報と洗浄消毒情報の記録管理を行う「Solemio ENDO Ver.3.3」を導入した。
今回は、洗浄消毒履歴管理が近年学会等で強く奨励されるようになってきたことを背景に、手書きで行われていることの多い洗浄消毒履歴管理をより効率的に行えるようなシステムとして「Storia」を導入することとした。

●おもな特長の詳細
①専用タグを内視鏡用洗浄消毒装置にかざすだけで洗浄消毒履歴を取得。
「いつ、誰が、どの装置を使用し、どのような洗浄消毒を行ったか」といった内視鏡の洗浄消毒情報を簡単かつ確実に記録管理できる。RFID(電波方式認識)に対応した当社製の内視鏡洗浄消毒装置「OER-3」「OER-2」との連携では、装置読み取り部に内視鏡(外付けのRFIDタグを付帯)と洗浄者が付帯するRFIDタグをかざすだけで洗浄消毒履歴が記録できる※。
※ 「OER-2」と「OER-3」では、情報の取得方法および検出される情報が一部異なる。
②取得した履歴情報をパソコンで記録・管理・活用。
当社製の内視鏡洗浄消毒装置「OER-3」「OER-2」から取得した情報をパソコンに保存し、内視鏡の使用履歴、洗浄消毒装置の使用履歴、消毒液などの消耗品の使用状況、修理の記録等を一元管理することができる。また、これらのデータを利用して、業務改善などにも活用することができる。

nr110117storias_01.jpg
nr110117storial_02.jpg 【お問い合わせ】
オリンパスメディカルシステムズ株式会社 サービス本部 CIセンター
TEL:0120-41-7149
FAX:03-3375-7596