HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスが超音波ガストロビデオスコープ『GF TYPE UCT260』を発売

[ 2010/12/14 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社(社長:森嶌 治人)は、膵臓や胆道領域の精密検査と病理診断をサポートする超音波内視鏡の新製品として「超音波ガストロビデオスコープOLYMPUS GF TYPE UCT260」(以下、「GF- UCT260」)を2010年12月14日から国内で発売する。海外地域(イギリス、香港、台湾、シンガポール、韓国、中国等)は各国の法規制に対応でき次第、順次販売を予定している。
「GF- UCT260」は、通常の内視鏡と生検鉗子の組み合わせでは難しい位置の組織採取が可能な超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)※にも対応し、画像診断だけでなく病理診断もサポートする。
※超音波画像下で病変を観察しながら吸引生検針で組織や細胞を吸引する術式。医師は吸引した組織や細胞を顕微鏡で観察することにより病理診断(確定診断)が行える。

●主な特長の概要
①新探触子採用による超音波画質の向上
②新チャンネル構造による処置具の挿通性向上
③着脱可能な超音波ケーブルを採用

   ●市場導入の背景
超音波内視鏡は、体腔内に挿入した内視鏡の先端部から超音波を発し、その反射画像から体腔内の検査を行う内視鏡です。1980年代に体外式超音波など体外からのアプローチでは検査が困難な膵臓がんの早期発見を目的に開発・実用化されてから、胆道がんの診断や胃がんの深達度診断、2000年代には肺がんのリンパ節転移診断を目的とした超音波内視鏡下穿刺術(EBUS-TBNA)※が実施されるなど、使用範囲が拡大してきた。
今回は、医療現場において、膵臓や胆道領域で施行数が多い超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)のサポート性能向上を目指して「GF-UCT260」を導入します。なお「GF-UCT260」は、2001年に導入した「GF-UCT240」の後継機となる。
※気管・気管支経由で超音波画像ガイド下にリンパ節の組織吸引採取を行う術式。

●主な特長の詳細
①新探触子採用による超音波画質の向上
新開発の高感度コンベックス型探触子を採用し、超音波性能を向上させた。解像度と感度の向上による高画質の超音波画像が、観察から処置までをサポートする。
②新チャンネル構造による処置具の挿通性向上
処置具のよりスムーズな挿通を目指し、チャンネル(スコープ内部にある管状の空洞)の構造を改良した。また、新構造の鉗子起上台を採用することにより、穿刺の際の穿刺針の揺れを防げる構造にした。

③着脱可能な超音波ケーブルを採用
着脱可能な超音波ケーブル(別売)を採用することにより、洗浄消毒装置への収納など、検査終了後の取扱いが簡便に行えるようになった。

nr101214uct260jl_01.jpg  nr101214uct260jl_02.jpg
【お問い合わせ】
●報道関係の方:オリンパス株式会社 広報・IR室 川崎
TEL 03-3340-2134(ダイヤルイン) FAX 03-3340-2130
〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス  URL www.olympus.co.jp/
●報道関係以外の方 :オリンパスメディカルシステムズ株式会社 サービス本部 CIセンター
TEL:0120-41-7149  FAX:03-3375-7596