HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GE ヘルスケア・ジャパン PACS とウェブベースの画像配信システムの新製品を発売~PACS には国内顧客ニーズを踏まえた機能を搭載、診断効率の向上、地域医療連携に寄与~― オプションの画像配信システムでは、3D 画像の参照とDSA による高精細な血管描出が可能 ―

[ 2010/12/14 ]
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社は、GE ヘルスケアの医療IT システム「Centricity」ブランドの医用画像管理システム(PACS)*1「Centricity PACS 3.2(セントリシティ・パックス3.2)」と、同PACS にオプション搭載可能なウェブベースの画像配信システム「Centricity WebDX 2.0(セントリシティ・ウェ ブディーエックス2.0)」を、大学病院や地域基幹病院などの大規模病院の放射線部門および医療情報部門を主対象に発売する。

Centricity PACS 3.2 とCentricity WebDX 2.0 は、GE ヘルスケアが本年11 月末に打ち出した世界規模のイメージングIT ビジョン「One desktop, One patient, One community*2」にもとづく医療用IT システムの第1弾。

Centricity PACS 3.2 は、国内外の数々の医療機関の声を反映して開発されたGE ヘルスケアの最新 PACS。海外主要国に比べた読影医1人当たりの読影数の多さや、読影医と連携する臨床医の画像参照要請の高度化といった国内の特殊事情に対応し、読影医の生産性や画像参照効率の向上ほか、遠隔診断支援など施設間の連携体制の構築支援に寄与するシステムである。具体的には、CT やMRI の撮影画像を同一患者の過去の画像と比較する際に表示サイズを自動調節するサイズシンク(FOV 同期)、使用頻度の高い機能に対するショートカットキー、医療カンファレンス(症例検討会)などに役立つユーザごとのブックマーク機能など、国内の顧客ニーズの高かった機能を搭載。また2,000 枚を超える最新CT の断層像を3 秒以内に表示可能*3な、業界でも高い水準を誇る画像圧縮・高速転送技術を搭載するなど、装置のデジタル化とフィルムレス運用の進展に伴って画像データ量が急増する環境においても、高い利便性や迅速な画像表示を実現し、読影医の診断効率を向上させる。

さらに、医療施設内にある汎用端末への画像配信が可能なCentricity WebDX 2.0 をオプション搭載することで、院内のさまざまな端末からもウェブ環境での画像参照が可能となるほか、画像参照時の使い勝手を向上。またCentricity WebDX 2.0 には、3D 画像作成機能や、GE ヘルスケア製PACS で初めて、高精細な血管像の描出を実現するデジタルサブトラクション(DSA)*4 機能を搭載*5、特に脳神経外科領域の診断支援に貢献する。

加えてCentricity PACS 3.2 は、施設をまたいだ地域医療連携やますます重要性の高まるチーム医療の整備にふさわしい柔軟なシステム構成を有している。施設間でのシステム冗長化や撮影画像の共有、遠隔画像診断支援に対応するほか、当社製の統合参照ソリューション「Centricity CDS/iDIR」と組み合わせて、撮影画像から各種ドキュメントまで患者の様々な形式の診療情報を統合管理し、総合的な診療サポートが可能。

同社ではこれまで、読影医の生産性や画像参照効率の向上に貢献する高機能PACS のほか、読影ワークステーションCentricity RA1000 や本年4 月に発売した新バージョンのレポーティングシステムCentricity i3などの読影ソリューション、統合参照ソリューションCentricity CDS/iDIR、循環器向けの統合管理支援ソリューションCentricity Xi2など、高性能システムを中心に多彩な医療用IT ソリューションを顧客ニーズにあわせて提供しており、特に大学病院や地域基幹病院など大規模医療機関にて高いシェアを誇っている。

同社は今回発売するCentricity PACS 3.2 とCentricity WebDX 2.0 を、これらの大規模病院の放射線部門および医療情報部門を主対象に販売し、国内のPACS 市場でのさらなる顧客満足度の向上とシェアアップをめざす。また統合インテグレーションのソリューション提案体制を強化し、小規模から大規模までの医療施設に対して幅広く対応できる仕組みを整えるなど販売面での強化も図っており、医療IT ソリューション事業を画像診断装置事業に次ぐ当社の中核ビジネスに成長させることをめざす。

Centricity PACS 3.2 の主要特長

・優れた効率性:大規模なフィルムレス運用を支える快適なプラットフォーム
・2,000 枚のCT 画像をオリジナル画像で3 秒以内に表示*3
・CT やMRI の撮影画像を同一患者の過去の画像と比較する際に、表示サイズを自動調節するサイズシンク(FOV 同期)を搭載。撮影装置ごとに表示・非表示を設定でき、ユーザごとの利便性を向上
・医療機関とGE ヘルスケアのプロフェッショナル・サービス・スペシャリストとの協力で、顧客ニーズに合ったユーザごとのブックマークフォルダーを作成可能。カンファレンスなどの準備作業の効率化に貢献 ・使用頻度の高い機能に対しショートカットキーを割り当て
・卓越した柔軟性:地域連携・チーム医療のための柔軟なシステム構成
・施設間でのシステム冗長化、アーカイブ共有、遠隔画像診断支援に対応。また、重要性の高まるチーム医療、総合的診療をサポートするような統合画像参照*6 も付設可能
・高い信頼性:長期間、安心して利用可能な信頼性
・24 時間365 日、常にオンラインで保守・監視を実施*7。また、データベースサーバーを二重化し、画像送受信の負荷分散を行うことで、障害時の影響を最低限に抑える設計を採用

Centricity WebDX 2.0 の主要特長

・完全ウェブベース:院内のみならず、院外からでもアクセス可能
・One desktop:画像表示だけでなく、従来別端末で手掛けていた業務が1 つの端末デスクトップ上で操作可能
・高いセキュリティー:現時点で最新のウェブテクノロジーとアプリケーションによるアクセス管理で暗号化技術SSL(Secure Socket Layer)を採用することで高いセキュリティーを確保

GEcentri.JPG
最左:Centricity PACS 3.2 のワークステーション
右2 枚:Centricity PACS3.2 で再構成した頭部血管のDSA 画像

*1 PACS はPicture Archiving and Communication System の略で、CT(コンピューター断層撮影装置)やMR(磁気共鳴断層撮影装置)などの診断装置で撮影したデジタルの画像データを、保管、閲覧、管理するシステムのこと。従来の撮影時に使用されていたフィルムの現像や運搬、ならびに保管が不要となるため、画像診断が迅速化され、患者の検査後の待ち時間が短縮されるほか、フィルム保管などにかかるコストが大幅に削減可能となる
*2 「One desktop, One patient, One community」は、GE ヘルスケアが本年11 月28 日に米シカゴで開かれたRSNA2010(第96 回北米放射線学会)で発表したグローバルのイメージングIT ビジョン。撮影画像から電子カルテまで患者のすべての診療情報(one patient)を、ウェブを活用して1 つの端末で一元的に閲覧・管理できるようにする(one desktop)ほか、それらの情報を施設をまたいで地域内で共有していく(one community)ことをめざす
*3 院内の環境によって表示速度は異なることがある
*4 デジタルサブトラクション(DSA)とは、造影剤を注入して撮影した画像と、造影剤注入前の画像の減算(サブトラクション)を行い、血管のみを高精細に描出する方法
*5 3D 画像作成機能やDSA 機能を使用して診断を行うには、医療機器RA600 Dynamic Web が必要
*6 統合画像参照は、Centricity CDS/iDIR を付設することで可能
*7 オンライン保守や監視にあたっては、当社InsiteBBTM(オンライン保守)、WatchNetTM(オンライン監視)の別途保守契約が必要

GEcentri2.JPG

【お問い合わせ】
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社
広報・松井亜起
Tel: 0120-202-021
Fax: 042-585-5360
Mail: aki.matsui@ge.com