HOME > 新着ニュース

新着ニュース

フィリップス、MRI 装置(磁気共鳴画像診断装置)国内1,000 台納入達成

[ 2010/11/24 ]
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、日本国内におけるフィリップス社製MRI 装置の納入台数が累積で1,000 台に到達したことを発表した。

フィリップスは、1986 年9 月に国内納入第1号のGyroscan S5 を名古屋市立大学病院に納入。それから25 年目の今年10 月30 日に、Achieva 3.0T TXが砂川市立病院(北海道砂川市)で稼働開始し、フィリップス社製MRI 装置国内納入1,000 台を達成した。

11 月18 日には、 1,000 台目納入を記念して、株式会社フィリップス エレクトロニクスジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグ氏が出席のもと、砂川市立病院にて記念式典を行った。式典に出席された砂川市立病院 院長 小熊 豊 氏は、「記念すべき国内1,000 台目のMRI 装置を当院に納入いただきましたこと、大変、光栄に思っています。当院も新本館が10 月28 日に開院し、新しいスタートを切ったところです。フィリップス社のAchieva 3.0T TX をはじめとした最新の医療機器を十分に活用して、万全の態勢で地域の皆さまに高度な医療を提供していきたいと考えています」と述べた。

philipsmr.JPG

左より砂川市立病院での記念式典(11 月18 日実施)、砂川市立病院 院長 小熊 豊 氏(左)と㈱フィリップス エレクトロニクス ジャパン代表取締役社長 ダニー・リスバーグ氏(右)との握手、砂川市立病院に納入したAchieva 3.0T TX

同社は、日本国内にMRI 装置を納入し始めて25 年目を迎えたが、15 年以上、フィリップス社製MRI 装置をお使いいただいているユーザが55 施設*1ある。感謝の意を表して、同社MRI 装置を15 年以上使用しているユーザに、記念のトロフィー、フィリップスヘルスケア グローバルMR 事業部 最高責任者 コンラッド・スミッツ氏からの感謝状、ならびに記念品を進呈する。

1986 年に名古屋市立大学病院にフィリップス社製MRI 装置の国内1 台目の納入、および13 台目の 神戸大学医学部附属病院への納入に尽力した神戸大学名誉教授 河野 通雄氏は、国内第1号機のGyroscan S5 について、次のように述べている。「当時、教授を務めておりました名古屋市立大学でフィリップス社製が選定されました。その後、フィリップスの担当者、技術者とは何度もミーティングを重ね、われわれの要望(ハード、ソフト面)に対して非常に熱心な対応をして下さったことを思い出します。さまざまな課題をクリアしていくことは、お互いに苦労ではありましたが、大変やり甲斐もありました。実際に稼働が始まり、第1例目が直腸がん症例で、その画像が鮮明に描出された時には大変感動したことを覚えています」。

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグ氏は、「日本でフィリップス社製MRI装置を納入し始めてから25年目にして1,000台を成し遂げることができたことを大変うれしく思っています。フィリップスはこれからもhealth and well-beingのリーディングカンパニーとして、人々が健やかで満ち足りた暮らしを送ることができるよう、積極的にサポートしていくと共に、最新の技術をもつ製品を提供していきたいと思います」と述べている。

*1 1986年から1995年までに103台のフィリップス社製MRIを96施設に納入し、そのうち55施設が、15年以上継続してフィリップス社製MRIを使用。

【お問い合わせ】
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL 0120-556-494
( http://www.healthcare.philips.com/jp/ )