HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GE ヘルスケア・ジャパン 心臓検査用SPECT 装置の最上位機種「Discovery NM 530c」を発売- 国内初の半導体検出器搭載SPECT装置、画質の向上と検査時間の短縮を実現 ~ 第50回日本核医学会学術総会に出展、GEヘルスケア製最新PET/CTのモデルチェンジ機種も展示 ~

[ 2010/11/10 ]
s_iscovery.jpg
Discovery NM 530c
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社は11 月10 日、半導体検出器を搭載した国内初の心臓検査用SPECT 装置(単光子放射断層撮影装置)「Discovery NM 530c(ディスカバリー・エヌエム530 シー)」を、最先端の診療・研究を手がける大学病院や基幹病院、循環器病院 を主対象に発売した。

SPECT 装置とは、体内に投与された放射性医薬品から放出される単光子の微弱なガンマ線やX 線を 検出し、その分布を画像化する装置で、Discovery NM 530c は核医学検査の中でおよそ4 分の1 の高い割合を占める心臓検査*1 用SPECT 装置のGE ヘルスケアにおける最上位機種。

Discovery NM530c の最大の特長は、GE ヘルスケアが独自開発した「Alcyone Technology(アルシオン・テクノロジー)*2」の搭載で、臨床用SPECT 装置として国内で初めて、体内からの放射線を直接電気信号に変換する半導体検出器*3 の実用化に成功したこと、ならびにGE ヘルスケア製SPECT 装置で初めて、検出器を半リング状に配置し同時に180 度方向のデータ収集を可能にしたことである。

これらの新技術の採用による主要メリットは以下のとおり。

① トレードオフにある分解能と感度をともに向上し高画質な撮像を実現

従来の検出器では、体内から放出される放射線をいったん光に変えてから電気信号に変換するた め放射線の損失が大きく、検出効率の低下を招いていたが、Discovery NM 530c では体内からの放射線を直接電気信号に変換する半導体検出器の搭載で、エネルギー分解能*4 を約2倍に高めたほか、トレードオフにある感度と空間分解能をそれぞれ4 倍と2 倍に高める(GE ヘルスケア製心臓検査用SPECT 装置「Ventri(ベントリ)」との比較)独自のシステムデザインの採用で、クリアな画像撮影を実現した。

② 検査時間を約4 分の1 に短縮し患者の負担を軽減

Discovery NM 530c はGE ヘルスケア製SPECT 装置で初めて、小型の半導体検出器を半リング状に配置し、検出器を回転させることなく、同時に180 度方向のデータ収集に成功、従来の検出器を回転させて撮影していた際に発生していたアーチファクト(偽像)を削減するとともに、患者の安全性向上や検査時間の短縮を実現した。半導体検出器の採用と小型検出器の180 度方向への配置による多方向からの同時データ収集で、1 回あたりの検査時間を従来の約11 分から約3 分へと約4 分の1 に短縮(Ventri との比較)、患者の負担を大幅に削減。

③ 新たな臨床応用への可能性を開拓

高感度検出器による同時データ収集に成功したことで、投与した放射性医薬品の集積状況やクリアランスを時系列で追いかけるDynamic SPECT が可能となり、冠動脈の狭窄度合いの指標である冠動脈血流予備能や心筋血流量の測定につながることが期待されている。また、複数の放射性医薬品(例:Tc-99m、I-123 など)を同時に投与して、一度で複数の検査を実施する2核種同時収集の臨床応用など、同装置の高いエネルギー分解能をはじめとする特長を生かした検査法への利用拡大が期待されている。

SPECT 装置は1965 年以降現在に至るまで、ヨウ化ナトリウムの単結晶とPMT(光電子増倍管*5)を組み合わせた検出器が搭載されてきたが、同検出器は放射線をいったん光に変えてから電気信号に変換するため放射線の損失が大きく、検出効率の低下を招いてきたほか、エネルギー分解能と画像自体の分解能が十分でなく画質の低下につながっていた。この解消に向け、20 年近くにわたり各社が半 導体検出器の開発に取り組んできましたが、技術面やコスト面などから実用化に至らなかった。

そのような中、GE ヘルスケアでは独自の半導体検出器向け総合システム設計技術「Alcyone Technology(アルシオン・テクノロジー)」を心臓検査用装置向けに開発することで、半世紀ぶりにこの課題を克服、国内の臨床用SPECT 装置として初めて、テルル化亜鉛カドミウム(CZT)を使用した半導体検出器の実用化に成功した*6。

Discovery NM 530c は2009 年3 月に世界に先がけて米国で発売されて以来、米メイヨークリニック (ミネソタ州)など既に全世界で約40 台が稼働し、導入医療機関から高い評価を獲得している。国内の核医学診断装置の市場規模は年間40 億円の規模を持ち、当社は約30%のシェアを有している。同社は、今回発売する心臓検査用装置Discovery NM 530c を、最先端の診療・研究を手がける大学病院や基幹病院、循環器病院、ならびに汎用型のSPECT を保有している総合病院などを主対象に販売。またDiscovery NM 530c に加え、2008 年10 月に発売した心臓検査用装置「Ventri」と汎用型の「Infinia(インフィニア)」シリーズの3 ブランドを有する強みを生かし、幅広い医療機関に対して核医学診断装置の全ラインアップの拡販を狙う。

同社では、11 月(木)~13 日(土)に大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)で開催される第50 回日本 核医学会学術総会に、Discovery NM 530c をはじめ、2009 年4 月に発売した、Motion Free をコンセプトとした高感度PET/CT「Discovery PET/CT 600(ディスカバリー・ペットシーティー・600)」のモデルチェンジ機種を出展する。

Discovery PET/CT 600 は、空間分解能補正アルゴリズム「SharpIR(シャーパー)」を新たに搭載した3D逐次近似画像再構成法「VUE Point HD-S(ビューポイント・エイチディーエス)」を採用し、従来課題とされてきたPET の撮影辺縁部位の空間分解能を高めたほか、トレードオフにある高画質と低被ばくを両立する新画像再構成技術「エイサー(ASiR:Adaptive Statistical Iterative Reconstruction)」をPET/CT として初搭載した装置。

gespect.JPG

*1 第6 回全国核医学診療実態調査中間報告によると2007 年度の核医学検査の割合は心筋が25.6%
*2 Alcyone Technology(アルシオン・テクノロジー)は半導体検出器の特長を生かすシステム設計の総合技術で次の4 つの革新的なテクノロジーで構成されている。
 1. ガンマ線を電気信号に直接変換する半導体検出器技術
 2. 検出器を回転させないSPECT データ収集技術
 3. 感度と分解能が効率的な集束コリメーション技術
 4. 最適な画質を得るための3D 逐次近似画像再構成技術
*3 半導体検出器はp 層/空乏層/n 層から構成されており、入射した放射線の電離作用により生成された電子・正孔対を測定することにより放射線を直接検出する。Discovery NM 530c ではCZT(Cd,Zn,Te:テルル化亜鉛カドミウム)検出器を採用している
*4 エネルギー分解能は放射線のエネルギー測定の精度を表す指標。高いほうがより高精度のエネルギー測定が可能
*5 光電子増倍管(Photomultiplier Tube:PMT)は、光電効果を利用して光エネルギーを電気エネルギーに変換する光電
管を基本に、電流増幅(=電子増倍)機能を付加した高感度光検出器
*6 GE ヘルスケアは2010 年11 月1 日、Alcyone Technology に不可欠なテルル化亜鉛カドミウム(CZT)を製造するオルボテック・メディカル・ソリューションズ(Orbotech Medical Solutions、本社:イスラエル)の事業買収に合意したことを発表。この件に関する詳細は以下のプレスリリースをご参照(英文)http://www.genewscenter.com/content/Detail.aspx?ReleaseID=10926&NewsAreaID=2

【お問い合わせ】
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社
広報・松井亜起
Tel: 0120-202-021
Fax: 042-585-5360
Mail: aki.matsui@ge.com