HOME > 新着ニュース

新着ニュース

(告知) 日本HPが 病院のコストダウンと効率化に役立つハードウエア導入最新情報セミナーを開催

[ 2010/10/06 ]
日本ヒューレット・パッカード株式会社(HP)では、病院のコストダウンと効率化に役立つハードウエア導入最新事例セミナーを開催する。

セミナー概要
・会 期 : 2010年10月27日(水) 13:00受付開始 
・会 場 : 日本HP 市ヶ谷セミナールーム 2C

hpmap.JPG

日本HP市ヶ谷セミナールーム
〒102-0076 東京都千代田区五番町7番地
■ JR「市ヶ谷駅」:徒歩3分
■ 東京メトロ有楽町線/南北線
「市ヶ谷駅」:2番/3番出口より徒歩3分
■ 都営地下鉄新宿線
「市ヶ谷駅」:A2番出口より徒歩3分

・対 象 : 医事課(病院情報システムご担当者)
・定 員 : 54名
・参加費 : 無料 ※事前予約制
・お申し込み : FAXまたはお電話でのお申し込みとなっております。詳しくは別紙、お申込み用紙をご確認ください。
セミナ申込書は下記より:
http://h50146.www5.hp.com/products/workstations/personal_ws/isv_application/medical/pdfs/application_form.pdf

・主催:日本ヒューレット・パッカード株式会社  共催:インテル株式会社
・日本ヒューレット・パッカード株式会社 
・東京都千代田区五番町7番地
http://www.hp.com/jp

セミナープログラム

13:30 - 13:40  ご挨拶

13:40 - 14:20  事例1 電子カルテを高速化させる高性能端末と電子カルテ環境に最適なモニタについて/日本ヒューレット・パッカード株式会社 ワークステーション・マーケティング部  新井 信勝氏、株式会社ナナオ 営業1部 メディカル課 電子カルテ・PACSグループ 柴田 康博 氏

電子カルテの高機能化とフィルムレスによって端末での画像参照の増加などを背景に、電子カルテの表示に時間がかかる(レスポンス悪化)ケースが増えています。電子カルテ端末を高速化することによって、医師や看護師の診療時間の短縮化、医師や看護師の人出不足解消、患者待ち時間の低減、診療件数の増加などの効果をあげている病院があります。本セッションでは、そのような取り組みを行っている病院事例のご紹介と、電子カルテ環境を最適化するモニタ導入について事例を交えてお話しします。

14:20 - 15:00  事例2 院内PCのTCO削減とセキュリティーを担保するインテル・テクノロジー/インテル株式会社 デジタルヘルス事業部長兼公共事業統括部長 石川 真澄氏

病院に於けるPCは、パフォーマンスやセキュリティに高い要求を満たす必要がありますが、その一方でコスト削減や消費電力削減などの一見相反する要求も満たす必要があります。病院情報システム(電子カルテ他)においてパッチプログラムの適用や、資産管理、障害時の対応等でTCOの3/4を占めるとも言われているPCの運用コストは、PCの増加に伴いさらにコストを圧迫します。また、特に病院では機密性の高い患者情報をより安全に扱うための対策も打たなければなりません。本セッションでは、日本医療現場での最新事例を交ぜながらインテル®vPro™ テクノロジーによる、PC管理の管理負荷軽減と効率的なリモート管理によるTCO削減および、万が一の際にも安心な最新のPCセキュリティについて、お話します。

15:10 - 15:50  事例3 クラウドで実現するベンダーに縛られない低コストで効率的な地域連携の海外事例のご紹介-(HIE)Health Information Exchangeのご提案-/日本ヒューレット・パッカード株式会社 エンタープライズシステム営業統括本部 アライアンス & ビジネス企画本部 公共・医療担当部長 宇佐美 茂男氏(独立行政法人情報処理推進機構 オープンソフトウエアセンター マーケット分析WG)

日本政府では「どこでもMY病院」「シームレスな地域連携医療」などの医療政策を表明しています。電子カルテシステムを導入する医師も増加の一途をたどり、病院も医療システムを以前よりスムーズに実装できるようになりました。しかし、分散・多様化するシステムで電子診察情報を共有するためには、共通のアーキテクチャを構築する必要があります。すでに海外では、(HIE)Health Information Exchangeというクラウド型のソリューションで、「EHRとEMRの統合」や「地域医療連携」を低コストかつ効率的に実現しています。このソリューションを活用することで、日本でも特定ベンダーに縛られない医療連携が可能になります。本セッションでは、日本政府の医療政策の最新情報と、それに効果的な対応するための方法として、アメリカの非営利団体である国立医療情報科学センターでの事例をもとにお話しします。

15:50 - 16:20  電子カルテの市場動向報告と地域医療連携システムの概要/株式会社シード・プランニング エレクトロニクス・ITチーム 主任研究員 加藤 鈴佳 氏

大規模病院を中心に普及が広がり、さらに2001~2002年の補助金を活用して導入した病院のリプレース時期が到来した電子カルテのメーカーシェアと各社の特長等の市場動向を報告します。また、2012年の診療報酬・介護報酬同時改定を前に、着実に進む各地の地域医療連携の取組みや各社の地域連携向けシステム製品動向をご紹介します。

16:20 - 16:30 Q&A

特別展示・モニター貸出し

会場では、電子カルテを高速化する高性能PC Z200SFFや8740wやナナオの電子カルテモニタなどを実機展示いたします。また、ご来場いただいた希望者の方には、その速さを実際の現場でお試しいただけるように検証用のお貸出し機のご案内をいたしますので、この機会にぜひご来場ください。


【本セミナーに関するお問い合わせ】
「病院のコストダウンと効率化に役立つハードウエア導入最新事例情報セミナー」事務局
TEL:0120-936-895 
受付時間:月~金10:00-17:00 (土日祝日、12:00-13:00を除く) 
FAX:03-4530-6186