HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン 国内開発・製造のMRI「Brivo MR355」が、千葉・習志野第一病院で世界初稼働

[ 2010/10/08 ]
GEヘルスケア・ジャパン株式会社の最新磁気共鳴断層撮影装置(MRI)「Brivo MR355」のグローバル1号機がこのほど、社会医療法人社団 菊田会 習志野第一病院(所在地:千葉県習志野市、院長:三橋稔)で稼働を開始した。

習志野第一病院で初稼働を始めたBrivo MR355は、当社が開発・製造し、2005年12月の発売以来、既に全世界で550台以上と当社製MRIの中で最速の受注を続けている「Signa HDe」シリーズの後継機種。日本のMR技術チームが中心となり、国内医療機関の多様化するニーズに応えるためにBrivoブランド*1として開発し、本年4月に発売した1.5T(テスラ)装置である。

Brivo MR355は、MRIで初めて専用機械室をなくした省スペース性と消費電力を4割削減した省エネ性能など、すでに世界の医療機関から高い評価を獲得しているSigna HDeシリーズをベースに、その優れた経済性を一段と進化させながら、さらなる操作性向上と性能強化を実現した装置である。 操作性向上に貢献するのが、当社初となる受信用コイルをテーブル内部に埋め込んだ固定式患者テーブルと、頭部検査での位置決め自動化や撮像条件設定の簡略化などの撮影支援機能。固定式テーブルの採用で検査ごとのコイルの入れ替えをなくし検査効率をアップしたほか、新たな撮影支援機能の搭載で操作者のMRI経験に応じた利便性を向上した。

性能面では、非造影の血管撮像(MRアンギオグラフィー)の適用範囲を、これまでの頭部・頚部を中心とした領域に加えて、医療機関からのニーズの高い四肢や腹部にまで拡大したほか、門脈などの任意の血管撮像を可能にした。また、MRI撮像において重要な、動きの影響を最小限に抑える「Propeller(プロペラ)」を強化するなど、一段と付加価値の高い診断を実現した。

Brivo MR355を導入した習志野第一病院 院長 三橋 稔氏は、「当院には以前、永久磁石型とGE社製Signaブランドの1.5Tの2台のMRIがあったが、この2台の性能差のため、1.5TのSigna装置指定で検査をオーダーする先生が圧倒的に多く、検査の振り分けに腐心していた。この永久磁石型の代わりにBrivo MR355を導入した現在では、この振り分けもなく、1.5Tと同等以上の高い質の検査を効率よく実施できるようになった。特に整形領域では、検査効率に優れているだけでなく、画像分解能も高いため、とても満足している」と、本MRIの有用性を述べている。

また、同院の放射線科 青木技師長は、「以前永久磁石型装置を設置していた場所をデッドスペースとすることなく、かつ1.5Tと同等以上の装置を希望していた。Brivo MR355は、以前永久磁石型装置を置いていた部屋に大がかりな工事をすることもなく設置でき、しかもSigna1.5Tと同等以上の検査パフォーマンスを持つため、患者を検査内容によって分ける必要もなく、大変効果的である。特に高齢化に伴い今後増えると見込まれている整形領域においては、画質もすばらしく、非常に満足している」と、同機の臨床メリットを高く評価している。

同社では今回の初号機納入を皮切りに、国内のみならず世界各国の中規模総合病院や脳外科・整形外科などの専門施設を中心にBrivo MR355の積極的な拡販を展開していく予定。また、Brivo MR355と同時発売した、3Tの磁場強度を有する当社製MRIの現在の最上位機種「Discovery MR750 3.0T」、ならびにBrivo MR355と同じくSigna HDeシリーズをベースにその上位機種として国内で開発・製造した「Optima MR360」をそれぞれ、先端的の研究機関や大学病院などの大規模施設、官公立総合病院や地域基幹病院を中心に販売することで、新ブランドの認知向上と一段の売上拡販を狙う。

・製品名: Brivo MR355
・薬事販売名: 磁気共鳴断層撮影装置Optima MR 360 / Brivo MR355
・希望小売価格: 5億8,000万円(構成により異なる)
・発売日: 2010年4月9日
・初年度国内販売目標: 50台
・医療機器認証番号: 222ACBZX00009000

*1 同社製MRIはこれまで、SIGNAブランドを採用してきたが、現在すべての製品群のブランドを、先端的なテクノロジーや新しいアプリケーションを搭載した当社における最上位機種の「Discovery」、生産性や効率性に優れ一段と質の高い診療を可能にする「Optima(オプティマ)」、シンプルで高い操作性を誇り日々の臨床ニーズに応える「Brivo(ブリボー)」の3つに集約する動きを全世界的に進めている。今回世界初稼働を開始したBrivo 355は、このBrivoブランドで発売するMRIの第1弾となる。なお、Brivo MR355と同時発売したOptima MR360は本年6月に、医療法人 社団 藤聖会 八尾総合病院(所在地:富山県富山市、院長:藤井久丈)に世界初納入ずみ。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン株式会社
広報・松井亜起
Tel: 0120-202-021 Fax: 042-585-5360
Mail: aki.matsui@ge.com
GEMRI.JPG
記念式典の様子。 左:菊田会習志野第一病院 院長 三橋 稔氏、右:GEヘルスケア・ジャパン(株) MR sales & Marketing部長 藤田 健氏

gemri2.JPG
Brivo MR355