HOME > 新着ニュース

新着ニュース

キヤノン 初のワイヤレスタイプで、フィルムカセッテと同サイズ医療用X線デジタル撮影装置“CXDI-70C Wireless”を発売

[ 2010/10/07 ]
キヤノン株式会社は、DR方式のX線デジタル撮影装置「CXDI」シリーズの新製品として、当社初のワイヤレスとなる、フィルムカセッテと同じサイズの“CXDI-70C Wireless”を10月6日より発売した。

新製品は、同社初のワイヤレスタイプのモデル。無線によるパソコンへのデータ送信が行えることにより、快適な操作性を実現した。さらに、フィルムカセッテと同じサイズにしたことで、既存のアナログ撮影用X線発生装置を置き換えることなくデジタル化することができる。

操作性を高めるキヤノン初のワイヤレスケーブルやハンドルユニットをなくしたことに加え、本体重量がバッテリーを含め3.4kgと軽量なため、操作性や可搬性が向上した。検査技師と患者の双方にとってストレスの少ない診断を可能にする。

既存の設備を変更せずにデジタル化を実現するカセッテサイズ35×43㎝の有効撮影範囲を確保しながら、外形寸法を、アナログ撮影用設備で使用されるフィルムカセッテと同じサイズの384(幅)×460(奥行き)×15mm(厚さ)にしたことにより、既存のアナログ撮影用設備をそのまま活用してデジタル化することを可能にした。これにより、追加コストを抑えながらスピーディーで効率のよい撮影・診断環境を実現する。

確かな診断を支える高画質と患者の負担を軽減する高感度新たに独自開発したピクセルピッチ125µm(マイクロメートル)の高精細・高画質なX線平面センサーを搭載したことにより、精度の高い診断が可能。また、蛍光体に高感度なCsI(ヨウ化セシウム)を採用したことで、X線照射量を抑えた撮影が可能になり、患者への負担を軽減する。

CXDI-70C Wireless価格(税別) 2,151万円 (発売日:2010年10月6日)

【お問い合わせ】
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
医療機器営業本部
医療機器販売推進課
TEL:03-3740-3354(直通)
cxdi70c.jpg
CXDI-70C Wireless※ 左はバッテリーとチャージャー

image.jpg
CXDI-70C Wireless 使用イメージ