HOME > 新着ニュース

新着ニュース

あなたの想いが日本の未来を変える! 第23 回GE ヘルシーマジネーション大賞 募集開始~ シニア世代が健やかに輝く社会をつくるためのアイデアを募集 ~

[ 2010/10/01 ]
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社は10月1日から、「第23 回GE ヘルシーマジネーション大賞」の募集を開始した。

同賞はどなたでも手軽に応募できるヘルスケアに関するアイデアコンテスト。本年のテーマは、「世界一、シニアが健やかに輝く国、日本へ」(下記参照)。本テーマについて、ご自身のアイデアを400 字以内にまとめていただきたい (絵・写真などでの補足も可)。世界に誇れる高齢社会の構築、または高齢化を取り巻く諸問題解決に貢献するユニークなアイデアを明快に記した作品を高く評価する。

応募は専用ウェブサイト( www.gehealthcare.co.jp/company/hmaward/ ) と携帯サイト (www.gehealthcare.co.jp/company/hmaward/mobile)にて受け付け、受賞作品は審査員による選考に加え、一般からの投票で決定する。一般と学生の2 部門制で、各部門の大賞受賞者には賞金5 万円が贈られるほか、医療福祉施設に対する同額の寄付権が付与される。発表は当社ウェブサイト (www.gehealthcare.co.jp) ほかにて行う(募集要項は3 ページを参照)。

同賞の主催はGE ヘルスケア・ジャパン株式会社、協賛は財団法人消費者教育支援センタ(NICE)、協力は日本GE 株式会社。審査員はNICE 理事長で、2010 年春の旭日中綬章受章の有馬真喜子氏ほか。締切は11 月8 日(月)必着。

【募集テーマ】

「世界一、シニアが健やかに輝く国、日本へ」

急速な高齢化が進行し、世界で最も長寿国となった日本。国立社会保障・人口問題研究所は、日本の人口に占める高齢者の割合が2035 年には33.7%、2055 年には40.5%に上昇すると推定している。高齢者人口の増加は相対的な労働力人口(15~64 歳)の縮小や医療費の増加などをもたらし、医療財政への負担がさらに増大するなど、高齢化問題はとかくネガティブな側面のみが強調される傾向にある。

しかしながら、シルバー社会の到来は大きな潜在的機会でもある。政府も、本年6 月に発表した新成長戦略の中で、‘高齢社会の先進モデル’の構築を目指すことを明らかにした。 高齢社会を日本の経済成長の源泉とし、今後拡大が予想されるシルバー市場の需要を活用することで、医療・介護やその他の関連サービスを成長産業へと転換する。一方で、サービスの充実や働く機会の拡大などを通じ、シニア世代のQOL(生活の質)の向上と医療費の抑制を促進する。このようなビジョンがカタチになれば、日本のシニアは今後、より健やかで自立した生活を持続することが可能となり、住み慣れた地域で生きがいや尊厳を保ち、アクティブかつ有意義な人生を送るという理想に一歩近づくことができるのではないだろうか。

しかしながら、このビジョンの実現には数多くのハードルが待ち構えており、実際ほとんどの国民は将来に不安を抱いている。また日本には、高齢社会がもたらす市場機会を活用する上で、さまざまな分野で多様な課題があることも事実である。そこで、今年は「世界一、シニアが健やかに輝く国、日本へ」をテーマに、世界に誇れる高齢社会の構築、または高齢化を取り巻く諸問題解決に貢献するユニークなアイデアを募集する。

シルバー世代が健康で生き生きとした暮らしを送るために、今日本に足りないものは、障害となっているものは何か? そしてその課題を解決するために個人、医療従事者、国・政府はそれぞれ何をすべきか? また、日本が世界に高齢社会の成功モデルを示すとしたら、それはどのようなもので、その実現には何が必要か? 学生から会社員、主婦、医療・政府関係者、そして現役のシニア世代まで、幅広い層から日本の実情に照らし合わせた独自の提言をお待ちする。

GE ヘルシーマジネーション大賞は、GE ヘルスケア・ジャパン株式会社(当時社名:横河メディカルシステム株式会社、略称YMS)の創立5 周年を記念した「第1 回YMS 学生論文大賞」として1987 年に開始されて以来、過去22 年間にわたって毎年開催しているCSR(企業の社会的責任)活動。潜在・顕在化している医療問題への提言を募り、社会に還元することで、医療・健康・福祉・社会・人生などの問題に対する関心を広く喚起することを目的にしている。

昨年度までは「GE ヘルスケア・エッセイ大賞」の名称で、広く一般から3,000 字以内のエッセイを募集。過去最高で703 編もの貴重な提言をいただくなど、全国でも伝統ある医療エッセイコンテストとしてその知名度も高まってきた。

そのような中、当社が所属する米ゼネラル・エレクトリック(GE)では先ごろ、ヘルスケアに関する新ビジネス戦略「ヘルシーマジネーション」をグローバル規模で導入し、日本でも高齢社会に対する取り組みに重点を置くという中期方針を打ち立てた。この戦略・方針にならって、当社では今春、急速な高齢化の進行がもたらす日本への影響、ならびにシルバー社会の潜在的可能性を活用するために日本が対応すべき課題をまとめた白書「シルバーからゴールドへ:日本における高齢社会とその可能性」を発刊。さらに本イベントも「GE ヘルシーマジネーション大賞」と名称を変更するとともに、同方針に沿って企画を練り直し、本年度は高齢社会をテーマに、世界に誇れる高齢社会の構築、または高齢化を取り巻く諸問題解決に貢献するアイデアを幅広い世代から募集することにした。いただいたアイデアを広く社会に還元することで、当社は本大賞を通じて、シニアが健やかに輝く未来の構築に貢献することをめざす。

【お問い合わせ】
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社
GE ヘルシーマジネーション大賞 事務局長 松井 亜起
Tel: 0120-202-021
Fax: 042-585-5360
Mail: GEhealthymagination@ge.com
第23 回GE ヘルシーマジネーション大賞 募集要項

【主催】 GE ヘルスケア・ジャパン株式会社
【協賛】 財団法人消費者教育支援センター
【協力】 日本GE 株式会社
【募集テーマ】 世界一、シニアが健やかに輝く国、日本へ(タイトルは自由につけてください)
【応募締切】 2010 年11 月8 日(月)必着
【応募部門】
◆ 一般部門
◆ 学生部門
【審査員】
◆ 有馬真喜子 財団法人消費者教育支援センター 理事長
◆ 熊谷昭彦 GE ヘルスケア・ジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO、他
*上記審査員による選考に加えて、一般からの投票による審査も実施予定
【賞・賞金】
◆ 大賞 (一般・学生各部門から1 名)賞金5 万円 〒 寄付金5 万円 (受賞者指定の医療福祉施設・団体・機関に寄付)
◆ 優秀賞 (5 名) 賞金2 万円
【文字数】 400 字以内 (絵・写真・イラストなどの静止画・動画での補足も可。詳細はウェブサイト参照) 【応募方法】 ウェブサイト (www.gehealthcare.co.jp/company/hmaward) 上の専用応募フォームに必要事項とアイデアを入力の上、電子メールにて送付
携帯メールからでも応募可能(携帯サイト:www.gehealthcare.co.jp/company/hmaward/mobile
【発表・表彰】 2011 年2 月中に主催者ウェブサイト他にて発表、表彰式開催予定
【応募規定】
◆ 応募作品は未発表のものに限る
◆ 応募は1 人1 点のみ(2 点目以降の応募は無効)
◆ 参考資料・文献などは必ず明記
◆ 応募作品のすべての著作権は主催者に帰属する
◆ 応募作品は返却しない
◆ 受賞者の寄付金は主催者が負担。受賞者の属する施設は除く。寄付先については審査を行う
◆ 応募作品は一部主催者のウェブサイトなどで公開予定
◆ 応募者の個人情報、応募されるデータ等は同賞のためにのみ使用し、その他の目的には使用しない

【お問い合わせ】
GE ヘルシーマジネーション大賞 事務局
フリーダイヤル:0120-202-021
(「GE ヘルシーマジネーション大賞」の件とお申し出ください)
ホームページ:www.gehealthcare.co.jp