HOME > 新着ニュース

新着ニュース

(株)ナナオが世界初モノクロとカラーのハイブリッド表示を実現した医用画像表示モニタ『RadiForce RX430』を新発売

[ 2010/09/03 ]
株式会社ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、医用画像表示モニタ EIZO『 RadiForce RX430』(29.8 型カラー液晶モニタ、オープン価格※1)を2010年11月1日より発売する。

医療の現場ではモダリティ※2の高性能化、そしてフィルムレス化の普及に伴い、医用画像の大容量化、多様化が進んでいる。さらにそれら撮影データを活用した3D やFusion※3 などの画像処理技術も飛躍的に進歩し、院内システムの各端末では、より多くの情報量、多様な画像に適切に対応できる表示装置が求められている。

このニーズに応えるため、当社は世界で初めて※4 同一画面内のモノクロ画像とカラー画像の表示エリアを自動判別し、個々を最適な状態で再現、すなわちハイブリッド表示できる『RadiForce RX430』を開発した。『RadiForce RX430』は、400 万画素の情報量を1 台のワイド大型画面に高輝度・高コントラストで表示でき、さらに作業中の画面を妨げることなく輝度や階調調整を実現するIntegrated Front Sensor 内蔵、自動で節電を実現する人感センサー内蔵など、旧来機種と比較して、利便性と合理性を格段に向上させている。

※1  オープン価格の商品は標準価格を定めていません。
※2  CT(コンピュータX線断層撮影)や、MRI(磁気共鳴断層撮影)、PET(ポジトロン断層撮影)等の検査、診断用の画像撮影装置です。
※3  PET とCT や、PET とMRI など異なるモダリティで撮影した同一部位の画像を、より情報量の多い画像を得る為に重ね合わせることです。
※4  Hybrid Gamma 機能を搭載した医用画像表示モニターとして。2010 年9 月1 日現在、当社調べ。

nanao.jpg

【おもな特長】

①世界初、同一画面内のモノクロとカラー画像をハイブリッド表示
EIZO 独自の技術Hybrid Gamma 機能(特許出願中)が、同一画面内のモノクロとカラー画像の表示エリアを自動判別し、それぞれ最適な輝度と階調で再現、すなわちハイブリッド表示します。今後PACS 用アプリケーション内でモノクロ、カラー画像の混在が加速する中、業務の効率化が期待できる。
img02.jpg

②4メガピクセルの情報量を1 台のモニタに表示
ポートレート表示の2MP モニタ2 台分となる400万画素の情報量を、1 台のモニタに表示可能。モニター2台使用時と比較するとベゼルレスとなり、モニタ間の目線移動によるストレス軽減、業務の効率化につながる。

③カラー画像とモノクロ画像の混在環境での適正な表示を実現
カラー表示対応でかつ、モノクロモニタと同等の高輝度 1,000cd/m2 と高コントラスト1100:1 を兼ね備えているため、3DやFusion、内視鏡、超音波などのカラー画像と共に、CR やDR など高輝度、高濃度を必要とするモノクロ画像も、同一モニタ上で適正に表示可能。

④内蔵センサーでDICOM Part 14 準拠のキャリブレーションを実現
モニタに内蔵されたIntegrated Front Sensor により、取り付け取り外しの時間と手間をかけず、さらに品質管理タスク実行中は表示画面を妨げることなく、DICOM Part14 準拠のキャリブレーションを実現。さらに付属のモニタ品質管理ソフトウェア簡易版RadiCS LE のRadiCS SelfQC 機能で、接続ワークステーションの電源オフ時でもタスク実行可能。

⑤人感センサーが徹底的な省エネを実現
モニタ内蔵の人感センサがユーザの離着席を検知し、自動的にモニタのパワーセーブと復帰を実行。面倒な設定や操作を行うことなく、自動で節電が行える。

⑥使用環境に合わせて選べるモデルバリエーション
読影室や手術室など使用する環境に合わせて選べるよう、 AR(Anti-Reflective)コーティング仕様(RX430-AR)、アンチグレアパネル仕様(RX430)、そしてアンチグレアパネル仕様で、かつフリーマウント・保護パネル付き仕様(RX430-FC)の3モデルを用意した。


【お問い合わせ 】
株式会社ナナオ 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014(代) FAX:03-3458-7001