HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ 新開発FPD搭載デジタルX線TVシステムRaffineの販売を開始

[ 2010/09/30 ]
s_Raffine_1.jpg
東芝メディカルシステムズ株式会社は、中小規模の施設を対象に、13×14インチの高精細X線平面検出器(Flat Panel Detector:FPD)を搭載したデジタルX線TVシステムRaffine™(ラフィーネ)を開発し、10月1日より全国で販売を開始する。

医療環境の変化によりフィルムレス化が急速に進んでいるなか、FPD搭載のX線TVシステム(注1)は多様な検査を実施する施設を中心に普及している。 また近年、胃X線検査は胃がん検診の方法として“効果がある”と判定されている検査(注2)で、消化管造影検査を中心に実施する検診施設や中小規模病院においても、高画質で検査効率の高いシステムが必要とされている。 一方で、これらの施設では導入コストおよび設置環境に制約があるため、最適な視野サイズとシンプルな操作性のFPD搭載X線TVシステムが求められている。

Raffine™は、視野サイズ13×14インチのFPD "FPD1314" を、コンパクトな透視撮影台とヒューマンインタフェースに基づいた直観的な操作を可能とする操作卓に搭載し、高級機クラスの高精細な画像と高い操作性を実現した。東芝の画質コンセプト“PureBrain™”による、診断に適した高画質な透視像と撮影像を提供する。

Raffine™の特長

1.消化管検査に最適な視野サイズのX線平面検出器を搭載

従来のイメージインテンシファイア(I.I.)や四切のフィルムに比べ、より広い13×14インチのFPDを採用することで、大腸の湾曲部や変形胃の撮影における位置決めが容易になる。 また、臨床目的に応じて適切な視野を確保することが可能。

2.診断に適した画質を提供

143μmの微細な画素ピッチと、微細ファイバ構造のCsI(ヨウ化セシウム)膜からなるFPDにより、I.I.システムに比べて高精細な画像が得られる。さらに、拡大視野サイズにて1画素の信号を1データとして読み出す透視方式(マイクロビュー)が可能で、透視像の解像度が向上した。 デジタル補償フィルタにより、透視像や撮影像の黒つぶれや白飛びを軽減することができるため、検査部位による影響が少なく、見やすい画像が得られる。これらのハードウェアと画像処理技術を統合して、観察しやすい画像を提供するのが東芝の画質コンセプト“PureBrain™”。

3.高い信頼性で画像を保存

収集した画像は、ミラーリングにより独立したハードディスクに二重に保存しています。 さらに、ブルーレイディスクへの画像バックアップが可能であり、フィルムレス運用をサポート。また、ネットワーク接続によるサーバへのDICOM保存にも対応する。

4. 省スペース、低ランニングコストを実現

設置面積が従来のFPD搭載のX線TVシステムより小さく、単相電源での稼動が可能です。 非稼動時の通電や空調を必要としないため、ランニングコスト削減を可能とし、ビル診療所への設置にも適している。 設計段階から地球温暖化の防止、資源の有効活用、規制物質の削減をめざして環境負荷の軽減を図っており、環境調和型製品(環境に配慮した製品)の開発に取り組んでいる。

5. 検査のワークフローを改善

デジタル化により透視像および撮影像を即座に観察し、画像保存ができるため、検査から画像診断までの時間が大幅に短縮される。 また画像処理装置に処理速度に優れたPCと最新のOSを採用し、操作レスポンスを向上。 患者名の登録から寝台操作、透視撮影、画像保存まで、わかりやすい操作性を実現し、ストレスなく検査に集中できる。

・販売名: デジタルX線TVシステム Raffine DREX-RF50
・製造販売認証番号: 222ACBZX00050000

(注1) 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置
(注2) 国立がん研究センターがん対策情報センター「がん検診の効果とは?」より

※ Raffine、PureBrain、Made for Life は東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ(株)
X 線事業部
TEL. 0287-26-5041