HOME > 新着ニュース

新着ニュース

富士フイルムが内視鏡洗浄消毒システム「ENDOSTREAM (エンドストリーム)」を新発売

[ 2010/08/11 ]
消毒力の高い「過酢酸製剤」で、内視鏡に付着した細菌・ウイルスを短時間に殺滅する
内視鏡洗浄消毒システム『ENDOSTREAM (エンドストリーム)』。
足元でトップカバーの開閉やスタート操作ができ、作業効率が向上!


富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、短時間で高水準消毒(*1)ができる過酢酸製剤を使用した内視鏡洗浄消毒システム「ENDOSTREAM(エンドストリーム)」(*2)を、8月12日より富士フイルムメディカル株式会社(社長:平井 治郎)を通じて発売する。「ENDOSTREAM」は、足元でトップカバーの開閉やスタート操作ができる内視鏡洗浄消毒機の「ESR-100」、過酢酸製剤の「エスサイド消毒液6%」、消毒前の洗浄工程で使用するアルカリ系洗浄剤の「エンドフラッシュ」などを含むシステム総称である。 使用後の内視鏡には、粘液や血液に加え、細菌やウイルスなどが付着していることが多いため、検査後に内視鏡を洗浄消毒して、感染を防止することが重要である。近年、内視鏡は、組織や病変の観察のみならず、患者の身体的な負担が少ない内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)(*3)などの治療の領域でも使われ始めている。内視鏡の利用範囲が拡大する中、医療機関には、洗浄消毒やその履歴管理を確実かつ効率的に行うことが求められている。
今回発売する「ENDOSTREAM」は、「エスサイド消毒液6%」の強い殺菌力により、5分間の浸漬で高水準消毒を可能とし、内視鏡1本の洗浄消毒をトータル17分(*4)で行える内視鏡洗浄消毒システムである。
内視鏡洗浄消毒機である「ESR-100」は、手を使わずに足元のペダルとスイッチ(*5)でトップカバーの開閉やスタート操作ができる。通常、作業者が、内視鏡洗浄消毒機のトップカバーの開閉やスタート操作を行うには、使用後の内視鏡を運搬する際に用いた手袋を新しいものに取り替える必要があったが、「ESR-100」を使えば、足で簡単操作できるため、手袋を交換することなく、スムーズに作業を進めることができる。
また「ESR-100」は、「エスサイド消毒液6%」のボトルをワンタッチで本体にセットできるカセットボトル方式を採用。空になったボトルを水で自動洗浄するため、ボトルの交換時に残っている液に作業者が触れる危険性や、過酢酸特有の刺激臭を軽減することができ、作業者の安全性向上に寄与する。
さらに、内部メモリを搭載することで、12,000件の洗浄消毒履歴を自動的に保存し、機器本体の液晶画面で簡単に確認することができる。「ESR-100」に標準で付属している履歴管理ソフトは、患者情報の入力や複数の「ESR-100」の管理ができるため、効率的な洗浄消毒履歴管理システムの構築を可能にする。
富士フイルムは、ESDなどで使用される処置具や、内視鏡情報管理システム「NEXUS」、そして今回の内視鏡洗浄消毒システムなど、内視鏡関連製品のラインアップを拡充している。「先進・独自の技術をもって、人々のクォリティ オブ ライフのさらなる向上に寄与していく」という企業理念のもと、重点・成長分野のメディカル・ライフサイエンス事業の取り組みを加速させ、医療の質や効率の向上、人々の健康増進に貢献していく考えだ。

*1 薬剤の効能による分類。高水準消毒とは、芽胞菌が大量にある場合を除いて、すべての微生物を死滅させることができるレベルの消毒のこと。日本環境感染学会・日本消化器内視鏡学会・日本消化器内視鏡技師会の定めたマルチソサエティガイドラインにて、内視鏡の消毒レベルとして推奨されている。
*2 内視鏡を意味する「ENDOSCOPE」の「ENDO」と、水の流れを意味する「STREAM」を組み合わせた造語。
*3 Endoscopic Submucosal Dissectionの略。食道・胃・大腸の内側の粘膜にとどまっているがん組織などの病変部を、開腹することなく、内視鏡で観察しながらその粘膜下層を切開・剥離する手技。
*4 施設の給水条件に依存。
*5 スイッチ(フットスイッチ)はオプション。


【問い合わせ】
お客さま窓口:富士フイルムメディカル株式会社 営業推進本部 マーケティング部
TEL 03-6419-8033


FUJIFILMnews20100811_gazou.jpg