HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ザイオソフト ビューワ「zioTerm」を用いたeラーニングシステムをスタンフォード大学の冠動脈・末梢血管CTA専門教育センター(CVCTA)と共同で展開

[ 2010/08/12 ]
ザイオソフト株式会社のビューワ「zioTerm」が、アメリカ スタンフォード大学の冠動脈・末梢血管CTA専門教育センター(CVCTA)の創立者の1人であるTony Defrance医師による冠動脈CTA検査の画像診断トレーニングに採用されることとなった。

Tony Defrance医師は「zioTerm」を採用した理由を以下のように述べている。 「米国では冠動脈診断のトレーニングにeラーニングが採用されており、多くの医師が オンラインで画像診断のトレーニングを積んでいます。トレーニングには3Dワークステーションが必要ですが、すべての受講者がいつでも自由に3Dワークステーションが使える環境にいるわけではありません。zioTermなら受講者はオンラインで気軽に利用できます。zioTermにはSlab MIPの機能もあるので、心臓CTのトレーニングに最適といえるでしょう」

ザイオソフト株式会社ではCVCTAと共同でeラーニングシステムのサービスの拡大を進めていく。

◆CVCTA (冠動脈・末梢血管CTA専門教育センター) とは: 心臓領域の画像診断を専門とする医師により運営されている研究・教育機関。 米国 サンフランシスコのトレーニングセンターを拠点とし、全米、欧州、豪州でのトレーニングおよびeラーニングシステムにより心臓領域画像診断の専門医の育成を行っている。

CVCTA Education http://cvcta.com/index.html