HOME > 新着ニュース

新着ニュース

大腸がんなどの検査・治療の負担軽減を追求した内視鏡の新製品「EVIS LUCERA(イーヴィス ルセラ) 大腸ビデオスコープOLYMPUS PCF TYPE PQ260L/I」発売~受動湾曲、高伝達挿入部、細径化により、挿入性と受診者の負担軽減を追求~

[ 2010/06/09 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、大腸がんなどの検査・治療に使用される内視鏡の新製品として「EVIS LUCERA大腸ビデオスコープOLYMPUS PCF TYPE PQ260L/I」(以下、「PCF-PQ260L/I」)を、2010年6月中旬から国内で販売開始する。海外地域(イギリス、中国、韓国、台湾、シンガポールなど)は各国の法規制に対応でき次第、順次販売を予定。

大腸は4つの急峻な屈曲部と約120~150cmの長さをもつ臓器で、内視鏡による検査・治療において、挿入性と受診者の負担軽減が課題となっている。「PCF-PQ260L/I」は、受動湾曲、高伝達挿入部の2つの新機能および細径化により、この課題解決を目指した新製品。受動湾曲はスコープ先端に設けられている通常の湾曲部のすぐ後ろに位置し、軽く腸壁に押し当てられただけで自然に曲がる機能で、挿入する力を先端部まで伝わりやすくする高伝達挿入部とともに、急峻な屈曲部を持つ大腸においてスムーズな挿入をサポート。また、先端部外径9.2mmの細径化により、より負担の少ない検査を追求する。

●発売の概要(国内)
販売名     :  EVIS LUCERA大腸ビデオスコープ
            OLYMPUS PCF TYPE PQ260シリーズ(※1)
価格(税込)  :  L長(※2):4,000,000円  I長(※2):3,800,000円
発売時期   :  2010年6月中旬
売上目標台数:   300台/年

※1 内視鏡検査を行うには、当社製の内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS240」、 「EVIS LUCERA」、「EVIS LUCERA SPECTRUM」のいずれかのビデオプロセッサ、高輝度光源装置、ビデオモニタとの接続が必要。

※2 L長/I長はスコープの長さ(有効長)の違いで、L長は1,680mm、I長は1,330mm。

●おもな特長の概要
1 屈曲部における挿入性を追求した「受動湾曲」
2 手元から先端への力の伝わりやすさを追求した「高伝達挿入部」
3 さらなる細径化で受診者の負担軽減を追求した「先端部外径9.2mm」

●市場導入の背景
大腸は長く、急峻な屈曲部を持つ臓器であることから、特に日本人に多いやせ型の女性や、癒着のある患者にとって、挿入性向上と負担軽減は大きな課題となっている。そこで同社はこの課題解決に取り組み、受動湾曲機能と高伝達挿入部を新たに開発し、挿入部の細径化も実現した「PCF-PQ260L/I」を導入した。

●おもな特長の詳細
1 屈曲部における挿入性を追求した「受動湾曲」

受動湾曲はスコープ先端に設けられている湾曲操作可能な通常の湾曲部のすぐ後ろに位置し、軽く腸壁に押し当てられただけで自然に曲がる機能。特に日本人に多いやせ型の女性や、腸管同士や他臓器との癒着がある患者に対する負担軽減と、挿入性向上を追求。

2 手元から先端への力の伝わりやすさを追求した「高伝達挿入部」

大腸内視鏡の操作では、大腸の長さや形状により、手元側の力が途中のループやたわみで失われ、挿入が困難になるケースがあるが、「PCF-PQ260L/I」では手元の力を先端部まで伝わりやすくする高伝達挿入部により、スムーズな挿入をサポート。

3 さらなる細径化で受診者の負担軽減を追求した「先端部外径9.2mm」

より負担の少ない大腸内視鏡検査をめざし、先端部外径・軟性部外径ともに9.2mmという細さを実現。(従来からある細径大腸内視鏡「PCF-P240AL/I」の先端部外径は10.3mm、軟性部外径は10.5mm) また直径2.8mmの鉗子口を装備しているため、高周波スネアなど処置具が使用でき、隆起性病変を切除するポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)などの治療も可能。

【お問い合わせ】
オリンパスメディカルシステムズ株式会社 販売本部 CIセンター
TEL:0120-41-7149  FAX:03-3375-7596