HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ケンコー フジモトメディカルイメージング部が 省スペースで、あらゆる撮影ニーズに対応クイック操作のX線一般撮影システム診断用X線装置 「Agilita-125 (アジリタ125)」を発売

[ 2010/06/10 ]
s_agilita125.jpg
  株式会社ケンコー フジモトメディカル イメージング部は、省スペースであらゆる撮影ニーズに対応でき、素早く撮影条件をセットできるX線一般撮影システム「Agilita-125(アジリタ125)」を発売した。

・製品名
 一般的名称: 据置型アナログ式汎用X線診断装置(JMDNコード:37644010)
 薬事認証番号: 第222AGBZX00113000
 販売名および型名: 診断用X線装置Agilita 125

・価格 6,500,000円

・おもな特長

狭い撮影室であらゆる撮影が可能

本体の設置占有面積はわずか約1畳。3畳分(2.7×1.8m)のスペースで、立位を含むさまざまな撮影に対応できるレントゲン室になる。撮影テーブル、X線管スタンド、X線管、発生器、制御器がすべて一体で設置できるオールインワンシステム。

わかりやすい撮影条件設定

撮影方式、撮影部位、体厚、撮影方向の選択はコンソール上のアイコンボタンで設定。撮影条件がすばやく直観的にセットでき、確実なX線撮影が可能。さらに、コンソールはX線室外の壁に掛けることができ、狭い場所でもスペースをとらない。

フレキシブルなポジショニングに対応

X線管が左右、上下に加えて前後にもスライドでき、整形外科分野での手、肘関節、足、膝関節などの撮影の際にも、撮影部位にX線管を合わせることが容易になり、患者にストレスのない姿勢で撮影が可能。さらにX線管と撮影テーブル下のカセッテトレイを連動させることができ、連動を解除して斜入撮影に対応することも容易。

インバータ方式、余裕の出力で高品位な画像

低線量で高品位な画像が得られる大出力インバータ方式を採用、さらに回転陽極方式大容量X線管装置を搭載。被験者や撮影部位にかかわらず、いつも理想的な画像が得られる。

【お問い合わせ】
フジモトメディカルイメージング部 
Tel 0721-98-5599