HOME > 新着ニュース

新着ニュース

富士フイルムが業務用3D計測システムを新発売

[ 2010/06/22 ]
富士フイルム株式会社は、当社製の3Dデジタルカメラで撮影した3D画像から、専用の画像処理ソフトウェアを使って目標物の寸法や面積、立体形状を簡単に計測する業務用「FUJIFILM 3D計測システム」を開発した。

建築現場における測量や現場記録、文化財や構造物の形状計測、自動車や家具のサンプル作製のための3Dモデリングなど、さまざまな分野で寸法や形状の計測が必要とされる。そのなかでも、建物の外壁など手の届かない場所の目標物や彫像など複雑な形状をした被写体については、専門知識をもった技師の操作を必要とするレーザタイプなどの計測機を使った、大がかりな測定となることが一般的である。

今回開発した「FUJIFILM 3D計測システム」は、当社製3Dデジタルカメラを使って計測したい目標物を撮影し、専用の画像処理ソフトウェアで処理するだけで、簡単に目標物の寸法・面積・立体形状を測ることができるコンパクトなシステムとなっている。デジタルカメラを使って被写体を高画質な静止画として切り取ることで、従来のレーザタイプの計測機では困難だった、動く被写体の形状計測やカラー情報の取得が可能となった。

専用の画像処理ソフトウェアでは、撮影画像中の2点を指定することにより2点間の距離を計測する機能や、カメラからたとえば3~5mの範囲など、指定した距離範囲内の目標物の3Dデータを得る機能など、さまざまな分野のニーズに合わせた使いやすい機能を搭載する。

測定精度は、被写体までの距離が2m、寸法が1mの被写体において、±5mm(0.5%)以内。

なお本システムは、年内の市場導入を予定しております。また、6月23日から25日まで東京ビッグサイトで開催される「3D&バーチャルリアリティ展」で参考展示する。

【お問合せ】
報道関係:広報部 TEL 03-6271-2000
お客様:電子映像事業部営業部 TEL 03-6271-2135

FUJI3D-1.jpg

【アプリケーション例】

FUJI3D-3.JPG

【フルカラー情報付き3Dデータの表示例】