HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シーメンス旭メディテックが新世代の画像解析処理システム『syngo.via』記者発表会を開催

[ 2010/04/01 ]

シーメンス旭メディテック株式会社(以下シーメンス)は、2D、3D、4Dの臨床画像を自動で迅速に表示し、ワークフローを劇的に改善する新世代の画像解析処理システム『syngo.via(シンゴ・ビア)』および同システムをベースとした新PACSシステム『syngo.plaza(シンゴ・プラザ)』を今春より発売する。それに向けたプレス発表会が、昨日3/31(水)に開催された。

近年、医療機関で撮影されるCTやMRI等の画像がフィルムレス化してきた利点がある一方で、各撮影装置の高性能化による画像データの膨大化、それに伴う転送時間や処理の煩雑さなどを解決するための新たなニーズが顕在化している。シーメンスはこれらのニーズに応えるべく約10年ぶりにGUI(Graphic User Interface)のプラットフォームの刷新を行い、これからの10年間を見据えたまったく新しいコンセプトの画像解析処理システムを開発した。今後、画像撮影装置と同様、シーメンスが注力する製品の一つとして位置づけ、日本の画像解析処理システム市場でのシェア拡大をめざす。
『syngo.via』は、モダリティの急速な性能向上によって大量生成されるようになった画像データを自動的に処理し、臨床的に優位性のあるデータを表示する、新世代の画像解析処理システムである。

従来から、画像診断のワークフローにおける基本構成は、
①検査として患者様を撮影し、画像を作成するモダリティ(CT、MRI、PETなどの画像診断機器)
②その画像を管理するPACS
③解析画像等を作成するポストプロセシングシステム
上記3つのカテゴリからなり立ってきた。『syngo.via』はそれらのいずれにも属さない4番目のカテゴリを切り拓くことになる最初の製品である。
たとえば心臓の3D画像の場合、従来では臓器の観察の邪魔になる骨や血液のかたまりの削除や血管抽出などに多くの時間と労力を必要としていたが、『syngo.via』は、これらの作業をワンクリックで読影準備が可能な状態にする。また、従来は放射線科部門向けに生成されていた画像データが、各診療科の外来にある端末でも自由に利用できるようになるため、医師から病状や治療方針などの説明を受ける際にも、3D画像などを使った表示で理解しやすくなる。さらに、MRI、CT、PET・CTなどの画像データをクロスモダリティの概念で一元管理し、各診療科との情報共有を可能にすることで、院内全体における診断の効率および質の向上に貢献する。遠隔医療や地域医療連携などへの展開も視野に入れている。

syngo.viaの3つのベネフィット
①自動による最適な画像処理
検査種別ごとに最適な画像処理を自動的に行うとともに、症例に応じたレイアウトや、画像の並び替えなどの機能を用いて表示。これにより、読影のために必要な数々の人的プロセスを省略できる。
②既存インフラを用いてアクセス可能に
クライアント端末への負荷の少ないClient Server Techonologyにより、病院の既存インフラや端末から、各モダリティの画像情報にアクセスすることが可能。
③既存のPACSとのシステムインテグレーション
PACSやHIS/RIS2との連携機能により、院内の既存端末に相乗りして、機能を使用することができる。また、弊社のPACS“syngo.plaza”と併用することで、ゼロクリックインテグレーションが可能。

シーメンスは、医師、医療従事者のワークフローの効率化を通じて、医療現場で求められるスピードに応え、医師がより多くの時間を患者様と向き合える医療環境の提供をサポートする。

両製品は、4月9~11日にパシフィコ横浜で開催される国際医用総合画像展ITEMにて展示される。今回のシーメンスのITEM展示ブースはvia一色となる。ぜひ足を運んでお確かめいただきたい。


<本件に関するお問い合わせ>
シーメンス旭メディテック株式会社
マーケティングコミュニケーショングループ
TEL:03-5423-8420 FAX: (03) 5423-8494
シーメンス株式会社 コミュニケーション部
TEL: 03-5423-8513
a.jpg
シーメンス株式会社コミュニケーション部
シニア・マネージャー 高橋 誠 氏

b.jpg
シーメンス旭メディテック株式会社 
マーケティング本部IKM事業部 
部長 山本宣治氏

c.jpg
実機展示の様子