HOME > 新着ニュース

新着ニュース

富士通コンポーネント、4チャンネル オプティカル トランシーバー(o-microGiGaCN)の販売開始

[ 2010/04/08 ]
富士通コンポーネント株式会社は、高速伝送用マクロギガコネクタ(microGiGaCN)の系列展開として、12芯MPO コネクタ付きグレーテッド・インデックス(GI)マルチモード光ファイバーを使用して、3.125Gbps/channel の高速信号を 100m伝送できる 4チャンネル オプティカル トランシーバー(o-microGiGaCN, FPD-101R008-0E)の販売を開始した。

さらにアップグレード製品として、5Gbps/channel の高速信号を100m伝送できる 4チャンネル オプティカル トランシーバー(o-microGiGaCN、 FPD-102R008-0E)も 5月から販売開始予定である。

ハイパフォーマンス コンピューティング システムやデータセンターなどでは、コンピュータとサーバ間やサーバとストレージ間などの機器間で高速信号を伝送する必要性がある。機器内の電気信号をそのまま伝送すると3.125Gbpsの信号で距離20m程度が限界となる。電気信号を光に変換して伝送する4チャンネル オプティカル トランシーバー(以下、o-microGiGaCN)FPD-101R008-0E は、3.125Gbps/channe×4の信号を距離100 まで伝送可能で、10G EthernetやFiberChannel、InfiniBandTM のシングルデータレート(SDR)に対応する。



【o-microGiGaCN の特長】
  1. 機器側接続は、電気信号接続の当社マイクロギガコネクタ(microGiGaCN 、FCN-260D 形)4X I/O メタルカバープラグ(ラッチタイプ)と同一形状で、同社マイクロギガコネクタ(microGiGaCN、FCN-260D 形)4X I/O ソケット(ラッチタイプ)にかん合する。
  2. 機器側コネクタを、同社マイクロギガコネクタ(microGiGaCN、FCN-260D 形)4X I/Oソケット(ラッチタイプ)にすると、機器間伝送距離20m以上の場合は光で、20m以下の場合にはコスト的に優れている電気信号で接続とケーブルアセンブリーを換えるだけで容易に切り替えることができる。
  3. 光ケーブル接続は、着脱可能な12チャンネルMPO光コネクタを使用。o-microGiGaCN本体と光ケーブルを簡単に分離でき、機器設置や移動などがしやすく、適切な長さの光ケーブルを敷設することができる。
  4. レーザー発光素子は、入手性に優れた波長 850nmのVCSELを採用し、同社の超高精度射出成形技術で実現した3次元ポリマー光導波路(マイクロレンズも一体成形)で、レーザー光を 90 度曲げる構造(曲率半径4mm、光導波路長10.5mm)を採用している。これにより量産効果が期待される。
  5. 電源は単一電源3.3VDC、消費電力0.9W(typical)で、機器側のソケットから供給することができる。
  6. 活線挿抜が可能なホットプラガブル構造を採用。
  7. レーザー光のアイセイフティは IEC/EN 60825-1 Amendment 2: 2001 Class 1M準拠。
  8. RoHS 対応。
polymer300.jpg
 

o-micro-2_300.jpg
 



【お問い合わせ先】
富士通コンポーネント株式会社
マーケティング本部第一マーケティング部
TEL:03-5449-7011 Fax :03-5449-2628