HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ株式会社 東芝グループ女性従業員向け「乳がん検診啓発セミナー」に参画~3月第1週の「女性の健康週間」にあわせ実施~

[ 2010/03/03 ]
東芝メディカルシステムズ株式会社は、東芝グループの一員として、乳がんの早期発見、診断、治療の大切さを啓発、健診受診率の向上をめざすピンクリボン運動の趣旨に賛同し、通年活動として2003年から継続し参加している。

同社は3月1~7日の「女性の健康週間」(厚生労働省)にあわせて3月3日に、東京都港区の東芝本社ビルで東京地区の東芝グループ女性従業員を対象に(株)東芝、東芝健康保健組合が実施する「乳がん検診啓発セミナー」の運営に参加する。 同セミナーは、NPO法人乳房健康研究会(以下、乳房研)の協力で、同会の専門医のピンクリボンブレストケアクリニック表参道 院長 島田菜穂子氏、コスモス女性クリニック 院長 野末悦子氏、聖マリアンナ医科大学 川崎市立多摩病院 放射線技師 小泉美都枝氏を講師に迎え、250名超の東芝本社および、東京地区の東芝関係会社女性従業員の参加で実施される。

東芝グループは、一般市民向けに乳房研と協調して「乳がん検診啓発セミナー」を2008年から実施しているが、今回は、おもに20~30歳台中心の女性従業員を対象にしている。厚生労働省のマンモ受診推奨年齢の40歳台、いわゆる「マンモ検診適齢期」を迎える前から乳がん検診の大切さを知ってもらうことでマンモ受診への不安をなくし、職場検診率の向上をねらう。

本セミナーでは、自己触診法や超音波診断装置による乳腺診断の紹介、実際のマンモグラフィの模擬撮影デモを実施。さらに、東芝健康保健組合から「乳がん検診支援制度」の紹介も行うなど、乳がん検診について広範に理解できる内容。 昨年10月に厚生労働省が実施した「女性検診無料クーポン」配布に合わせて東芝グループと乳房健康研究会で制作した「この一冊で安心!乳がん検診ガイド」(以下「乳がん検診ガイド」)に、当社の女性技術者が中心になり日本人女性のために開発した東芝マンモグラフィ「Pe・ru・ru™(ペルル)」の納入施設リストも加え、受診のための情報提供をさらに充実させた。 同冊子は3月28日(日)東京 日比谷公園で開催される「ピンクリボンウオーク2010」(主催:乳房研)http://www.breastcare.jpで配布。 また、東芝マンモグラフィ「Pe・ru・ru™(ペルル)」のホームページ(http://www.peruru.net)を昨年10月からオープンし、動画による乳がん検診受診方法をはじめ、乳がん検診啓発のさまざまなコンテンツを配信している。

【お問い合わせ】

東芝メディカルシステムズ株式会社 広報室
Tel: 0287-26-5100