HOME > 新着ニュース

新着ニュース

世界初!カセッテサイズのワイヤレスフラットパネルディテクター「ケアストリーム DRX-1 システム」新発売

[ 2010/03/19 ]
DRX_1.JPG
ケアストリームヘルス株式会社は、病院層を対象とした DR 製品のラインアップとして、カセッテと同サイズのワイヤレスFPD (フラットパネルディテクター)「ケアストリームDRX-1 システム」を3 月19日より発売した。

この度発売する「ケアストリーム DRX-1 システム」は、カセッテサイズでワイヤレスという、まったく新しいコンセプトで開発され、多くのユーザの声を凝縮した画期的な新製品。カセッテサイズなので既存の撮影台にそのまま装填して使うことができ、また取り外してカセッテ撮影のように使うこともできる、柔軟性の高い運用が可能。現在使用中のX 線発生装置はそのまま使用できるので、従来と比べて撮影室のDR 化がしやすい提案が可能となる。

撮影した画像はディテクターからコンソールまで無線で転送されるので、ポジショニング時に煩わしいケーブルは一切なし。ディテクター本体には着脱式のバッテリーが内蔵されており、充電されたバッテリーに交換することにより次の撮影がすぐに開始できる。撮影後、約 5 秒でポジショニング確認画像を表示し、その約10 秒後には次の撮影が可能になるので、さらなる効率的な撮影フローのニーズに対応できる。DRX-1 はすでにアメリカ、ヨーロッパなど日本以外の国々で約300 台の導入実績がある。

製品名 :ケアストリーム DRX-1 システム

薬事認証番号: 221AGBZX00283000

発売日 :平成 22 年 3 月 19 日

標準価格 :3,500 万円

主な仕様
 検出方式:間接変換方式 平面検出器
 画素サイズ:139 μ
 グレースケール:12bit 4,096 階調
 ピクセルマトリクス:2,544 x 3,056

 外形寸法 / 重量:35 x 43 半切サイズ(38.35cm x 45.95cm x 1.55 cm ) / 約3.86kg

 画像転送方式:ワイヤレス転送(有線ケーブルも選択可能 )

 画像処理:KIP 処理、マルチ階調処理、マルチ周波数処理、EVPPlus 、GDS 処理(グリッドライン抑制)、LEO 処理(ノイズ抑制)、BSM 処理(マスク)

主な特長
  世界で初めてのカセッテサイズでワイヤレスのフラットパネルディテクター。
  カセッテを DRX-1 に交換するだけでDR 化が実現でき、現在の撮影室を有効に活用可能。
  ワイヤレスなのでポジショニングが楽にでき、検査効率も向上。
  バッテリーは本体に内蔵されており、 1 枚で約90 画像の撮影が可能。バッテリーの交換も簡単。
  最新の画像処理技術を搭載されており、ご施設に最適な画像を提供。