HOME > 新着ニュース

新着ニュース

The Best Image 2009 開催される~17回目を迎えますますの充実~

[ 2009/12/21 ]
さる12月19日、東京ステーションカンファレンスにおいて、東芝メディカルシステムズ株式会社がThe Best Image 2009を開催した。

今年で17回目を迎える今回は今までと構成を変え、最初に各モダリティ別にディスカッションを行い、プレゼンテーションも審査要素に加えることとなった。当然、演者もこれまでにまして力が入り、よい緊張感を生む効果があった。

ディスカッション後の特別講演は川崎医科大学附属病院 検査診断学 内視鏡・超音波部門教授の畠二郎氏が「消化管エコーにおけるPrecision Imagingの効果」、次に国立がんセンター東病院 放射線部 部長の佐竹光夫氏が「Area Ditector CTによる隊幹部の臨床応用」について、そして京都大学医学部附属病院 放射線画像診断・核医学科講師の磯田裕義氏が「非造影血管描出法の進歩と高磁場への適用検討~腹部領域を中心に~」でそれぞれ講演。この講演の間に最終審査が行われ、上位入賞者の発表という進行だった。

最優秀賞は以下のとおり(敬称略)。
【CT】
・シングル、2、4、8、16列部門
 泌尿・生殖器 流産後外傷性動静脈廊瘻(医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院)
・32、64列部門
 消化管 腹腔鏡下直腸切除術前シミュレーション(医療法人沖縄徳洲会 出雲徳洲会病院)
・心大血管部門
 左冠動脈肺動脈起始(Brand-White-Garland 症候群)(財団法人 倉敷中央病院)
・320列部門
 該当なし

【MRI】
・1.5テスラ部門
 心大血管 陳旧性心筋梗塞(杏林大学医学部付属病院)

【超音波】
・心臓部門
 左回旋枝の冠動脈瘤(群馬大学医学部付属病院 高田智子)
・血管部門
 中心静脈カテーテルに形成された静脈内血栓(特定医療法人 鳩仁会 札幌中央病院 及川明日香)
・腹部部門
 悪性腹膜中皮腫(東邦大学医療センター大森病院 工藤岳秀)
・表在部門
 ソナゾイド造影超音波検査にて不染域を認めた乳癌の1例(東邦大学医療センター大森病院 三塚幸夫)
s_P1000302.JPG
会場全景

s_P1000303.JPG
畠二郎氏

s_P1000307.JPG
佐竹光夫氏

s_P1000316.JPG
磯田裕義氏

s_P1000326.JPG
表彰の様子

s_P1000345.JPG
審査総評を述べる超音波部門審査員

s_P1000378.JPG
審査総評を述べるCT部門審査員

s_P1000400.JPG
審査総評を述べるMRI部門審査員

s_P1000401.JPG
挨拶を述べる東芝メディカルシステムズ株式会社代表取締役社長・小松研一氏