HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン、「Signa甲子園2009」を開催~青森県立中央病院 佐藤兼也先生が最優秀賞を受賞 ~

[ 2009/12/21 ]
kousien.JPG
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は12月5日(土)、GE製MRI(磁気共鳴断層撮影装置)「Signa(シグナ)」シリーズのユーザである操作担当者が、その撮影テクニックを競う「Signa甲子園2009」(MR Signaユーザーズミーティング・全国大会)を下記の通り、大阪・ブリーゼプラザにて開催した。

MRIの撮影画像は技師のテクニックに依存する面が大きいため、弊社では撮影技術などの情報交換や交流を目的にGE MR Signaシリーズのユーザが集う「Signaユーザーズミーティング」を全国各地で開催している。さらに、各地のユーザーズミーティングがさらなる交流を図り、多くの放射線技師に日本の最先端の撮像技術を身につけていただくために、ユーザーズミーティングの全国大会である「Signa甲子園」を2005年から実施している。5回目にあたる今回の「Signa甲子園2009」では、150名を超える全国のSignaユーザーの出席のもと、地方予選を突破した5ブロック12名および前年優勝者枠1名の13代表が撮像の技術や画像の美しさなどを競った。実力伯仲する各代表の白熱した闘いの結果、最優秀の金賞には、青森県立中央病院の佐藤兼也氏の「Volume Diffusionの時間短縮(- eco scan やんけ -)」が選ばれた。

また、同コンテストの終了後、横浜栄共済病院 高橋光幸氏から「ユーザーズミーティングから学んだこと」と題する特別講演が行われたほか、今月初頭のRSNA(北米放射線学会)で発表された最新テクノロジーを紹介する「GE Healthcare Japan最新技術発表会」が実施された。

          記
日時: 2009年12月5日(土)15:00~
会場: ブリーゼプラザ7F小ホール
主催: GEヘルスケア・ジャパン(株)
企画・運営: Signa甲子園実行委員会
委員長: 大阪府立母子保健総合医療センター 石黒秋弘氏
スケジュール: 第1部 Signa甲子園2009
 MRI撮像技術コンテスト
全国各地のSignaユーザーズミーティング代表者全13名
 特別講演 「ユーザーズミーティングから学んだこと」
横浜栄共済病院 高橋光幸氏
 表彰式
第2部 GE Healthcare Japan最新技術発表会

「Signa 甲子園2009」 開催報告

「Signa 甲子園2009」は12 月5 日(土)、ブリーゼプラザ7F 小ホール(大阪府大阪市)にて、150 名以上のSigna ユーザーの参加のもと開催された。2005 年の開始以来、5 回目となる今回は、初めて甲子園の本拠地、大阪での実施となった。

今年は24 のユーザーズミーティングが全国5 ブロックの予選に参加。その中からSigna 甲子園実行委員会の厳正な審査のもと、各ブロックの定数配分に従い12 名の代表が選抜された。このメンバーに前年優勝者枠(札幌医科大学附属病院 白勢竜二氏)を加えた13 名の代表は当日、実際の臨床に即応用が可能な演題を次々と発表。全代表の発表終了後、各ユーザーズミーティングの審査員および会場の参加者が、各代表の「画質」・「創意工夫」・「臨床的実用性」を総合的に評価し、以下の通り3 名の入賞者を決定した。

金賞:青森県立中央病院 佐藤兼也氏(写真中央)
 発表演題:「Volume Diffusion の時間短縮(- eco scan やんけ - )」
 発表要旨:従来、Volume Diffusion は1.5T 装置では撮像が難しかったが、ダブルオブリークの使用により短時間で撮影することが可能となり、また、Reformat を用いることで任意断面の画像が得られ、側頭葉下縁やトルコ按の歪みを回避できるメリットが得られたと報告

銀賞:札幌麻生脳神経外科病院 浜口明巧氏(写真左)
 発表演題:「Subtraction TOF のすすめ」
 発表要旨:従来、くも膜下出血では血管を評価することが困難であったが、「血管+血腫(脳実質)」の画像から血腫(脳実質)」の画像をSubtraction することで血管の描出を可能とした。さらにMTC やSaturation Pulse の最適化により画質向上が可能と報告

銅賞:札幌医科大学附属病院 白勢竜二氏(写真右)
 発表演題:「頭部MRA 改善計画」
 発表要旨:頭部MRA で問題となっていた眼窩、斜台部の脂肪抑制の効きをFat Sat Pulse の調整により最適化した上で、さらに抹消部での信号低下を感度補正(PURE)ありの画像(中心部感度が高い)と感度補正なしの画像(周辺部感度が高い)とを加算することで撮像時間延長なしで改善したと報告

続いて横浜栄共済病院の高橋光幸氏氏から、「ユーザーズミーティングから学んだこと」と題する特別講演があった。高橋氏は、「ユーザーズミーティングやSigna 甲子園は、Human-Hub であり、こういう場で情報交換できるメリットは非常に大きい」と前置きした後、自身が8 年前に神奈川で開始し、その後全国に広まったMRI 操作担当者同士の情報交換会であるユーザーズミーティングで得た経験を話した。

第二部のGE Healthcare Japan 最新技術発表会では、当社MR 営業部の福原大輔氏より、11 月末から12 月初頭にかけて米国シカゴで開催されたRSNA(北米放射線学会)で発表されたGE ヘルスケアの新技術などを紹介した。

同社では、今回の「Signa 甲子園2009」の発表内容を、当日参加できなかった全国のユーザーに、Signaユーザー向け会員制ウェブサイト「Signa ・る( シグナル) 」 (https://gecommunity.on.arena.ne.jp/signa-l_entrance/index.html)を通じてお知らせする予定。この「Signa・る」は開設後約3 年で、1,300 名に上るユーザー登録を獲得している。

【お問い合わせ】
GE ヘルスケア・ジャパン株式会社
広報グループ 松井亜起
Tel: 0120-202-021 Fax: 042-585-9541
Mail: aki.matsui@ge.com