HOME > 新着ニュース

新着ニュース

気道管理用の携帯型軟性内視鏡 世界初の画像記録が可能な「エアウェイマネジメントモバイルスコープ」2機種を発売

[ 2009/11/04 ]
s_20091104j12_mif.jpg
「エアウェイマネジメントモバイルスコープOLYMPUS MAF TYPE GM」使用イメージ
オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、携帯型軟性内視鏡にカメラ機能を搭載して、世界初※の画像記録を可能にした「エアウェイマネジメントモバイルスコープ」2機種を2009年11月4日に日本で発売し、欧米、アジアでも順次発売する予定。本製品は、挿管チューブの留置や気道内の観察、処置、画像記録を行うことを目的にしている。

発売する2機種は、挿入性に優れた先端部外径3.9mmの細径タイプ「エアウェイマネジメントモバイルスコープOLYMPUS MAF TYPE GM」と、内径2.6mmの鉗子挿通用管路を装備し、吸引/送気/送液や様々な処置具の挿入が可能な「エアウェイマネジメントモバイルスコープOLYMPUS MAF TYPE TM」。

※ 2009年11月4日現在。携帯型軟性内視鏡分野において。同社調べ。

●発売の概要(国内)<br />
 販売名 エアウェイマネジメントモバイルスコープOLYMPUS MAF TYPE GM
    エアウェイマネジメントモバイルスコープOLYMPUS MAF TYPE TM

 価格(税込)1,575,000円
 発売時期 2009年11月4日
 目標販売台数 200台/年

●おもな特長

1.完全スタンドアローンタイプ
2.2.5型液晶モニターを搭載
3.静止画/動画の記録・管理が可能
4.白色LED光源を内蔵

●市場導入の背景

同社は気管支鏡、喉頭鏡の開発、販売を通じて、呼吸器科、麻酔科、救急部門などの様々なご要望に応えてきた。これらの臨床科においては、内視鏡を用いた気管内挿管や異物摘出、気管支肺胞洗浄、喀痰吸引、気道内出血など気道内の観察・処置が実施されている。また、病院内の使用現場も手術室、病棟、ICU、救急部門など多岐にわたり、これらの場所に持ち運んで使用したいというニーズから、同社はバッテリー内蔵の携帯型ファイバースコープ「LF PortaViewシリーズ」を1998年に発売した。このたび発売する「エアウェイマネジメントモバイルスコープ」は、複数の医療スタッフによる液晶モニターでの同時観察に加え、その場で画像記録も可能なため、従来には無い新たな使用方法を実現する。

●おもな特長の詳細

1)完全スタンドアローンタイプ
スコープに「モニター」、「LED光源」、「バッテリー」を搭載した完全スタンドアローンタイプ。気道内の観察・処置を行う手術室、病棟、ICU、救急部門など病院内のどこに持ち運んでも、周辺機器やケーブルの接続をすることなくそのまま使用できる。

2)2.5型液晶モニターを搭載
スコープに2.5型液晶モニターを搭載することにより、術者は観察とスコープの手元操作が同じ視野内で行える。また、モニターは可動式で、術者の位置に合わせた調整や複数の医療スタッフとの同時観察も可能。

3)静止画/動画の記録・管理が可能
携帯型軟性内視鏡にカメラ機能を搭載して世界初の画像記録を実現。「xDピクチャーカード」に静止画/動画で記録し、PCに取り込んで画像の加工や管理が簡便に行える。

4)白色LED光源を内蔵
従来のハロゲン光源に比べ、クリアで明るい観察画像を実現しました。また、長寿命で劣化が少ないため、光源の交換が不要。

【お問い合わせ】
オリンパスメディカルシステムズ株式会社
販売本部 CIセンター
TEL. 0120-41-7149  FAX. 03-3375-7596
●ホームページ:http://www.olympus.co.jp/