HOME > 新着ニュース

新着ニュース

最新のテクノロジーをコンパクトなボディに搭載した最高級超音波診断装置Aplio MX発売

[ 2009/10/05 ]
toshi.JPG
「Aplio MX」
東芝メディカルシステムズ株式会社は、最新のイメージングテクノロジーを搭載し、容積を従来装置の約50%に小型化した「Aplio MX」を商品化し、2009年10月より営業活動を開始した。同製品は、最新のイメージングテクノロジーを搭載し、検査効率の向上に貢献。さらに筐体の大きさを抑えることにより、人にも環境にも優しいコンセプトを実現した。

新製品の主な特長

1. プレミアムの名にふさわしいパフォーマンス


同社の最高級超音波診断装置 Aplioシリーズの流れをくむプレミアムの名にふさわしいパフォーマンスを発揮する。日本超音波医学会第6回技術賞を受賞したDifferential-THIや、ApliPureなど、高い評価を得ている東芝独自のイメージング技術に加え、最新のイメージング技術 Precision Imagingを搭載。Precision Imagingは、超音波画像を形成する信号を処理することにより、組織信号を強調し、生体内組織の境界などの構造視認性を高め、腫瘍部分などがより描出しやすくなることが期待される。豊富なプローブバリエーションと多彩な臨床アプリケーションで、腹部、表在、産婦人科、循環器など幅広い臨床分野でご使用いただける。検査データは大容量の内蔵ハードディスクに保存され、優れた操作性で簡単に検索・呼び出しが可能。またUSBメモリやCD/DVDで外部へ取り出すことも容易で、DICOMにも対応している。

2. 優れたエルゴノミクス

装置本体の容積を従来機種の約50%に小型化し、重量も約30%削減。限られたスペースでも快適に使用が可能。また、大型グリップハンドルの採用で装置の移動もスムーズに行える。さらに部材のグリーン調達から省エネ、省資源化など環境に配慮した設計により、東芝グループで環境に配慮した製品を称する環境調和型商品(ECP)に認定されている。東芝が提唱するエルゴノミクスコンセプトiStyleに対応していおり、自在に動く19インチ大型高画質LCDモニタ、術者に応じて操作パネルのキー位置を自由にレイアウトできるコンソール、あらかじめ登録されたプロトコルを簡単な操作で順次呼び出すIASSIST(オプション)などにより、快適かつ効率的な超音波検査環境を実現している。

販売名:超音波診断装置 Aplio MX SSA-780A
一般的名称:汎用超音波画像診断装置
製造販売認証番号:第221ACBZX000790000号

※Aplio、ApliPure、iStyle 、IASSIST 、Pulse Subtraction 、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ株式会社 超音波事業部
TEL. 0287-26-5030