HOME > 新着ニュース

新着ニュース

第23回日本冠疾患学会学術集会 心臓CTハンズオン開催のご案内

[ 2009/10/13 ]

第23回日本冠疾患学会学術集会
心臓CTハンズオン ~PCIにMDCTをいかす~


日程:2009年12月18日(金)~12月19日(土)
会場:大阪国際会議場(大阪市北区中之島)
協力:ザイオソフト株式会社
お申し込み:第23回日本冠疾患学会学術集会ウェブサイトから
http://igaku-gakkai.jp/jca23/


64列MDCTの普及に伴い、冠動脈診断において心臓CTは不可欠な検査として地位を確立しつつあります。さらにPCIのストラテジーを構築するうえでも重要な情報を提供してくれます。ただし、われわれ冠動脈診療に携わる医師自らが画像解析をしなければ、真に有効利用することはできません。

したがって、今後われわれにとってこの心臓CTを使いこなす能力は必須となるといっても過言ではないのです。本コースではSlab MIP法の基礎を用いた冠動脈診断およびPCIへの活用法を御紹介します。
さあみなさん、この機会に心臓CTをマスターしませんか。多数のご参加をお待ちしています。

また、ご自身の施設で撮影されたCTデータを御持参いただければ講習の空き時間に、zioTerm2009を使って画像解析をすることができます。われわれがフルサポートいたします。データは再構成をおこなった最適フェーズaxial画像をDICOMデータでお持ち下さい。ご不明の場合はCTメーカ担当者へご確認いただくことをお勧めいたします。


【Course Director】
・角辻 暁 (大阪大学/野崎・名古屋・大垣徳洲会病院)

【Instructor】
・山崎 慶太 (大阪大学)
・奥津 匡暁 (野崎徳洲会病院)
・亀谷 良介 (名古屋徳洲会総合病院)
・黒田 忠 (大阪大学)

【内容】
・1)Slab MIP法の基礎
・2)冠動脈のスクリーニング
・冠動脈長軸・短軸画像評価
・3)症例検討
・プラークの検出
・プラークの分布・質的評価
・石灰化の評価
・ステント内評価
・CTOの評価
・使用ソフトウェア:zioTerm2009(ザイオソフト株式会社)

【スケジュール】
12月18日(金)
A/10:00-11:00
B/15:00-16:00
C/16:30-17:30
12月19日(土)
D/11:00-12:00
E/13:00-14:00

※各セッションの定員は先着12名とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
定員に満たない場合は会期中も予約受付いたします(10F総合受付またはCTハンズオン会場でご確認ください)。
ただし、立ち見はスペースの許す限り自由です。持参データ解析コーナーの定員はもうけていません。