HOME > 新着ニュース

新着ニュース

放射線医学総合研究所、HIMAC15周年記念講演会を開催

[ 2009/09/07 ]

独立行政法人放射線医学総合研究所、HIMAC15周年記念講演会
「重粒子線がん治療の15年 -5,000症例の治療成果-」



重粒子線がん治療の15年
記念講演会ポスター
独立行政法人放射線医学総合研究所(以下、放医研)では世界初の医療用重粒子加速装置HIMACを建設し、重粒子線がん治療の臨床試験を開始してから今年で15周年を迎えた。この間、重粒子線がん治療においては5,000症例を超える照射治療を行い、一部は先進医療として承認された。

放医研では、これまでの成果を振り返るとともに、さらに今後の発展への契機とするため、HIMAC15周年の記念行事を開催する運びとなった。詳細は以下の通りである。


【開催概要】
 日   時 平成21年10月23日(金) 13:00~17:45
 場   所 有楽町 東京国際フォーラム ホールB7
 定   員 1,000名(入場無料、要参加登録) ※定員になり次第締め切り
 参加登録 インターネットによる参加登録 → http://comm.stage.ac/himac15/
TELによる参加登録 → TEL:03-5966-5784
FAXによる参加登録 → FAX:03-5966-5773
 問合せ先 放射線医学総合研究所 広報課
〒263-8555 千葉県稲毛区穴川4-9-1
TEL:043-206-3026 FAX:043-206-4062