HOME > 新着ニュース

新着ニュース

アドバンスト・メディア、ニチイ学館との資本・業務提携を発表

[ 2009/08/10 ]
株式会社アドバンスト・メディアは、平成21年8月7日開催の取締役総会において、医療事務・介護の最大手である株式会社ニチイ学館との資本業務提携について決議したことを発表した。


【背景と目的】
昨今、わが国においては、慢性的な医師不足が問題視される中、医師は保険書類や入院証明書など医療行為以外の書類作成作業に忙殺されており、医師の過剰労働環境を緩和し、医療行為に集中できる環境を作り上げ、医療の質向上に向けた取り組みが急務であるとされている。また、少子高齢化による患者数減少による収益悪化など、医療機関自体の経営効率化も必須となってきている。

このような状況の中、医師の事務作業軽減のための医療クラーク(医師事務作業補助者)の育成、普及促進などの動きも活発化してきている。一方、介護業界においても、多様化する顧客ニーズに対応するため、質の高いヘルパーの育成、介護現場における事務作業の軽減、効率化などが求められている。

このような状況の中、ニチイ学館は創業以来40年間、診療報酬請求業務をはじめとする医療業務サポート関連業務において確固たる実績を築き上げ、また、近年では介護のフルラインサービスの提供を中心としたヘルスケア事業、およびホームヘルパー養成のための教育事業など、医療、介護、教育の分野において社会のニーズに答えるべく成長を続けている。

一方、アドバンスト・メディアは、医療機関向けに音声認識技術 AmiVoice 搭載音声入力システムを2,900箇所の医療機関に導入している実績があり、電子カルテ入力、診断レポート作成など書類作成業務の効率化に貢献してきた。
今回の提携により、ニチイ学館のもつ医療機関に対する幅広いネットワーク、医療業務受託、介護業務で培ってきた業務効率化のノウハウと、同社の最先端の音声認識技術 AmiVoice を組み合わせて、医療・介護現場での業務効率化、医療機関の経営効率化を実現し、医療・介護においてより高い品質のサービスを提供できるようにすることにより、社会発展に貢献し、両社の一層の企業価値の向上に繋げていく考えだ。


【業務提携の内容】
両社は、お互いの顧客基盤、技術、事業ノウハウ、ブランド、インフラ等を活用し、医療・介護・教育の各分野において音声認識技術 AmiVoice を中心とした音声認識ソリューションサービスの協業体制を構築し、医療現場、介護現場の業務効率化・IT化のサポート、新たな教育講座開発等を実現していく。


【資本提携の内容】
ニチイ学館は、本提携をより実効性のあるものとするべく、平成21年8月7日以降、同社の発行済株式総数 5.95%相当を既存株主より取得する予定。



株式会社アドバンスト・メディア
URL : http://www.advanced-media.co.jp/

株式会社ニチイ学館
URL : http://www.nichiigakkan.co.jp/