HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シーメンスのマンモグラフィ装置 “MAMMOMAT Inspiration”「iF product design award 2009」、および「red dot award: product design 2009」を受賞

[ 2009/08/05 ]
web_InS_moodcolor_Origin_001.jpg
シーメンス旭メディテック株式会社が販売する最新のフルデジタル・マンモグラフィ装置“MAMMOMAT Inspiration”が、世界的に権威あるデザイン賞であるドイツの「iF product design award 2009 (以下iFデザイン賞)」、および「red dot award: product design 2009 (以下 レッドドット賞」を受賞した。

シーメンスヘルスケアとヨーロッパ有数のデザイン会社であるdesignaffairs社は、世界で初めて「MoodLight機能」を取り入れたマンモグラフィ装置 MAMMOMAT Inspirationを共同開発。“ムードライト機能”とは、MAMMOMAT Inspirationの背後に設置されたLEDガラスパネルを好みの色に発光させることのできる機能で、これにより女性の被検者が快適でリラックスした状態で検査が受けられる効果をもたらす。

「iFデザイン賞」は、ドイツのiF Industrie Forum Design e.V.の選定により、機能性、ユーザフレンドリー、および美学的に優れたユニークな組み合わせといった評価基準を満たす革新的なデザインプロダクトを選出する賞。 今回は、世界39カ国・2,800件以上の応募の中から、 シーメンスのMAMMOMAT Inspirationが医薬・ヘルスケア部門においてiF デザイン賞を受賞した。

世界最大のデザイン賞の一つである「レッドドット賞」は、ドイツのDesign Zentrum Nordrhein Westfalenの選定により、機能性・人間工学・耐久性・エコロジーなどの観点から優れたデザインプロダクトを選出する賞で、上質で素晴らしいデザインの品質標章と考えられている。今回は世界61ヵ国・11,000以上の応募の中から、MAMMOMAT Inspirationが「プロダクトデザイン」部門賞を受賞した。

MAMMOMAT Inspirationの特徴

被検者にとって快適な検査環境を実現させた、乳がん検診に最適なフルデジタル・マンモグラフィ装置。フルデジタル・マンモグラフィ装置は従来のフィルムに比べて、撮影で取得したデータを全て記録することができるため、より多くの乳房情報を得ることができる。個々の乳房に合わせたデータ処理や画像の拡大表示機能により、診断に最適な画像を作成することで、微小石灰化や病変の早期発見が可能となる。

優しいデザインと優れた操作性

MAMMOMAT Inspirationは、開発の段階から、世界中のマンモグラフィに携わる放射線技師の方々のご意見・ご要望を取り入れて設計された。マンモグラフィ装置本体に搭載されたLEDガラスパネルを好みの色に発光できる「MoodLight (ムードライト)機能」は、被検者の緊張を和らげ、快適な検査環境を創り出す。また検査の流れを考慮した優れた操作性により、従来の一般的な装置より撮影時間が短縮されたため、検査を短時間で行うことが可能になった。

低被ばくで診断に役立つ画像を提供

MAMMOMAT Inspirationは、X 線の変換効率の良いデータ収集を行い、かつ非常に優れた物理特性を活かすことで、従来のデジタルマンモグラフィ装置に比べて最大40%の被ばく低減を実現した。また、日本人女性の乳房に適した画像パラメータを搭載し、高濃度乳房をより見やすく、微小石灰化や病変を自然に描出する。

【お問い合わせ】
シーメンス旭メディテック株式会社
マーケティング本部
マーケティングコミュニケーショングループ
担当:勝谷 拓実・平山 恵里 
TEL:03-5423-8422 FAX: (03) 5423-8494
Email: eri.hirayama@siemens.com