HOME > 新着ニュース

新着ニュース

第11回 医用画像認知研究会・合同研究会 開催される

[ 2009/08/11 ]
さる8月9日(日)、愛知医科大学医学部本館 301講義室にて、第11回 医用画像認知研究会・合同研究会が開催された。中でもPACSの近未来の方向性について討論されたシンポジウムはメーカとユーザの立場からそれぞれパネリストが登壇し、注目を集めた。このシンポジウムの模様は10月発行の「Medical IT 2009-2010 MOOK」 で詳報の予定。

当日のプログラムは以下のとおり。(敬称略)

・セッション 1. 座長 島本佳寿広(名古屋大学医学部保健学科)

1.超音波診断用モニタの輝度特性
  名古屋大学医学系研究科
   堀 真由美
  名古屋大学医学部保健学科
   島本佳寿広、吉村公美子、濱谷 豊

2.他人の診察券で受診・手術後に複数の情報修正が必要となった事例
  愛知医科大学病院 中央放射線部
   藤川清治、鎌田貴夫、遠藤 真、古賀善明、河合 保
  同 医療情報部
    深津 博
  同 放射線科
    石口恒男

3.PDI DICOM違反への対応
  -画像提供施設およびベンダーとの連携による修正-
 愛知医科大学病院 中央放射線部
  鎌田貴夫、遠藤 真、古賀善明、藤川清治、河合 保
 同 放射線科
   石口恒男
 同 医療情報部
   深津 博

4.読影端末における日常臨床に即した症例検索条件とそのインターフェースの考案
 昭和大学横浜市北部病院 放射線科
  武中 泰樹、八木進也、大場啓一、福下貴子、児山久美子、藤澤英文、
  浮洲龍太郎、櫛橋民生

セッション 2  座長 石口恒男(愛知医科大学 放射線科)

5.HyperLink Report DVD 作成システムの活用
 イー・メディカルソリューションズ
  桂川康成
 愛知医科大学病院 医療情報部
  深津 博

6.遠隔読影センターと読影依頼施設間のHyperLink Reportシステム連携運用評価
 イー・メディカルソリューションズ
  山本武志
 愛知医科大学病院 医療情報部
  深津 博

7.Annotation and Image Markup(AIM)について
 慈恵会医科大学 放射線医学講座
  中田典生、福田国彦

8.多施設の読影レポートの構造化:辞書の有用性と精度向上検討
 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 病院医療情報課
  安藤 裕
 東芝メディカルシステムズ SI事業部 システム開発製造部
  二見 光、山岸宏匡、長田雅和
 慶応義塾大学 放射線治療・核医学科
  川口 修、茂松直之
 埼玉医科大学 国際医療センター 放射線腫瘍科
  塚本信宏
 国立がんセンター東病院 機能診断開発部
  藤井博史
 茨城東病院 放射線科
  笠松智孝

シンポジウム「近未来のPACSの進化の方向性」
  座長: 深津 博(愛知医科大学 医療情報部)
佐藤俊彦(ドクターネット)


メーカーの立場から
 1.GEヘルスケアIT事業部
    渡辺和之
 2.ケアストリームヘルス マーケティング本部
  狩野慎一郎
 3.東芝メディカルシステムズ SI事業部
  丹羽賢一
 4.横河電機 ソリューション営業本部
  飛田政仁
読影医の立場から
 5.愛知医科大学 医療情報部
  深津 博
 6.ドクターネット
  佐藤俊彦
 7.昭和大学横浜北部病院 放射線科
  櫛橋民生
 8.神戸大学 放射線科
  藤井正彦
P1000121.JPG
会場全景

DSC_0033.jpg
代表世話人の石口氏による挨拶

DSC_0032.jpg
シンポジウム座長を務める深津氏(左)と佐藤氏(右)